edit

凶器は壊れた黒の叫び/河野裕(著)

凶器は壊れた黒の叫び/河野裕(著)安達が大地のために新聞部を創設した。
クラスメイトは賛成した。
けれど、七草はそれが堀を追い込むために
仕組まれた罠であることに気づく。
ひもとかれる階段島の歴史と、
堀が追い求めた夢。
歩み続けた7年間で彼女が見つけた幸福と不幸とは。

前回が現実世界のことだったりもあって、
どんな感じだったっけ?
と、ど忘れしてます。
堀は覚えてるんですけど、安達ってどういうヤツだったっけか?
それでなくても悩まされる作品なのに。
とりあえず、自分の感想を読み直してから読もうと思います。

関連記事
いなくなれ、群青/河野裕(著)
いなくなれ、群青/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
その白さえ嘘だとしても/河野裕(著)
その白さえ嘘だとしても/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
汚れた赤を恋と呼ぶんだ/河野裕(著)
汚れた赤を恋と呼ぶんだ/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凶器は壊れた黒の叫び [ 河野 裕 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2016/11/10時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad