edit

ヤングガンガン 22号

今号のヤングガンガン

以下ネタバレあり

RDB -レッドデータブック-


「死がふたりを分かつまで」のたかしげ宙さん原作、六本順さん作画の月一の新連載。
独り身だった母が再婚。
けれど、そんな母は去年亡くなった。
義父と義兄の負担にならないように一人暮らしを始めた。
そんな14歳の少年はそれまでの自分が知る世界とは全く違う世界を知ることになる。
顔も知らない父から一兆円という遺産を相続することになった倹人。
が、その話は彼を屋敷に連れてくるための嘘だった。
倹人自身は遺産を相続する気がなかった。
けれど、次の相続人のはとこに当たる人物に相続されれば、
彼の友達の家族も失業することになるだろう、と脅された。
だったら、と話をつけにいくということで、ついていったわけですが、
そこで見せられたのは強化人間、遺伝子操作された犬、
顔がないまま動く鎧などなど。
一兆円の遺産は嘘で、本当に相続してほしいのは自分たちの生殺与奪権だ、と告げた。
命令には従う。
だから、助けてほしい、と。
さてはて、一体何に巻き込まれたのやら?

黒ゆり荘の変なゐきもの。


柚木ガオさんの新連載。
召喚士一族の娘のだらけきった性根を叩き直すために
父親が娘のメメを人間界へ。
そうしてお金が無い中でたどり着いたのが黒ゆり荘だった。
唯一の肉親だったおじいさんが超のつくお金持ちだったらしく、
遺産がガッポガッポと入ってきた。
でまぁ、仕事を辞めて豪遊。
けれど、飽きた。
そんな大家がいるのが黒ゆり荘で、条件次第でタダで入居することが出来る。
自分を楽しませろ、というのが条件なわけですが、
楽しいと鼻血が出るのな^^;
すごい体質だな。
でまぁ、とりあえず、召喚士としての力を見せたことで入居出来ることになったわけですが、
満室だったらしく大家と同居に。
大丈夫なのか?^^;
ていうか、メメは入居先は決まってもどうするつもりなんだろう?

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!


アカツキが抜け出すことは相手は計算した上での行動だったみたいですね。
殺せたけれども殺さなかっただけだ、とリルルに思わせることで
彼女から選択肢を奪った。
自分の将来のために彼女を領主へ差し出した。
そんな状況でツカサは村の人達を止めた。
これからしようとしてることは戦争だ、と。
その覚悟あるのか、と。
考えは揺るがない村の人達にツカサも我慢していた想いをもって、
彼らの願いを聞き入れることを決めた。
それがたとえ世界をぶち壊すことになっても。
さてはて、間に合うのかね?
リルルはすでに領主の前に連れて行かれてしまってるようですが。

ナイツ&マジック


エルの方が悪者みたいだなw
シルエットナイトで戦えることに興奮しすぎて危ない人になってますやん^^;
ただ、手も足も出ずに防戦一方だったところをたった一機でなんとかしてしまいましたね。
一機でどうにかなっちゃうのか?^^;
エドガーはわからないままにエルにたくしてシルエットナイトを失ったヘルヴィを連れて一時離脱。
持ち堪えてくれよ、ということで戻ってくるようですけど、
それまでに決着をつけちゃうのかな?
どうなるのやら。

八雲さんは餌づけがしたい。


今号はお休み

兄の嫁と暮らしています。


今回は賑やかな話でしたね。
翔太郎のお姉さんの律子が帰国。
大志と希をくっつけるのに苦労した、とのこと。
海外で働いていたらしいけど、飽きたから辞めたらしい。
自称天才らしいけど、実際そうなんでしょうね、きっと。
ただ、賑やかな中にもちょっとしたところで影が見えたりも。
賑やかゆえに影が濃く見えるのかな。
しっかし、律子はすごいマイペースだな^^;

ブレイブスター☆ロマンティクス


人の形をした人ではない何かによって引き起こされた
世界が変わった日の物語。
どういうこっちゃ?
アユムなのかと思っていた子はアユムじゃなかったの?
さてはて、実験の中で生き残った三人。
しかし、状況が状況だったわけですけど、
警備の人が持っていたものを拝借して拳銃をぶっ放すってどういう子なのかと^^;
そんな生き残った三人はその日、人としての生を終えることになった。
三人はどうなったんだろう。
魔女は種を植え付けながら世界と戦いましょう、と。
何を求めてるのやらね。

MURCIELAGO-ムルシエラゴ-


今号はお休み

ラララ


いざ、夫婦の生活へ。
と思ったが、別の日へ。
亜衣らしいなぁ^^;
それを菊池に相談したところ、いちゃいちゃが足りないんじゃないか、と言われる。
亜衣がそういうのになれていないから、よくわかっていないんじゃないか、と。
だから、もっとスキンシップをしてみてはどうか、ということだった。
というわけで、士朗はいちゃいちゃしたいと改めて言うわけですが、
そこで知ったのは眠る前にしていた亜衣の行為だった。
ぎゅっとしてから眠っていたのはいちゃいちゃしたいという士朗のことを思ってのことだった。
そのことを知った士朗は急ぐことをやめた。
普通じゃない夫婦なら、普通じゃなくてもいいじゃないか、と。
自分たちのペースでゆっくりと。
今の亜衣だからこそ一緒にいて楽しいのだから、と。
今度は手を握って眠るようになったみたいですね。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 ~紋章を継ぐ者達へ~


ゾルマフィオーレによって戦場を汚されたグノンの怒りは彼女へと向けられた。
一度はリーが止め、さらにはゾルマフィオーレの心臓を一度止めもしたわけですが、
今度はユイが魔物の体から出られなくなっていた。
そして、目を覚ましたゾルマフィオーレは根と世界中の魔物によって
さらに戦場を汚した。
それに我慢ならなかったグノンはゾルマフィオーレを斬り伏せた。
その光景にユイもまた飛び出したわけですが、彼女までも斬り倒されてしまう。
ただまぁ、ユイに関しては魂が無事なら大丈夫なんじゃ?
でも、体が根に持っていかれてしまったわけで、助けようがないですね。
魂はどこにいったんだろう?


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.