edit

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 #05

『型破り校閲ガール!カリスマスタイリストに物申す』
ずっと憧れていたカリスマスタイリストのエッセーを校閲することになった河野。
イタリアで出版されたものを本人が翻訳して日本でも、
ということで、事実確認はいらない、ということでしたけど、
それで納得できるわけもなくいつも通り自分のスタイルで。

そして、本人に会う機会もあったわけですが、
憧れていた彼女はイメージしていたものとは違っていた。
実際に昔とは考え方が違っていたようですね。
かつての自分を取り戻すきっかけになったのが河野の校閲だった。
人から無駄だと言われても、するべきことをする。
それを無駄だとは思わずに。

そんな河野の熱意に森尾もこれまでの考え方を変えるきっかけになったりも。
なんとなくでしていた編集の仕事に自分の気持ちをのせられたみたいですね。

そんな中でとうとう同棲がバレてしまう。
折原は自分から言おうとしていたんですけどね。
どう話すのやら。

河野悦子:石原さとみ
折原幸人:菅田将暉
森尾登代子:本田翼
米岡光男:和田正人
藤岩りおん:江口のりこ
尾田大将:田口浩正
今井セシル:足立梨花
波多野望:伊勢佳世
佐藤百合:曽田茉莉江
青木祥平:松川尚瑠輝
正宗信喜:杉野遥亮
東山:ミスターちん
西田:長江英和
北川:店長松本
坂下梢:麻生かほ里
目黒真一郎:高橋修
本郷大作:鹿賀丈史
亀井さやか:芳本美代子
貝塚八郎:青木崇高
茸原渚音:岸谷五朗

トラックバック

TB*URL

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」ファッションオタクの知識5無駄な事と思っても無駄な作業はないと悦子は行動で示し傲慢スタイリストを認めさせた

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第5話は人気スタイリストの校閲をする事になった悦子はそのエッセイの校閲に張り切っていた。しかし実際にそのスタイリストに会ってみる ...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 (第5話・2016/11/2) 感想

日本テレビ系・水曜ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(公式) 第5話『型破り校閲ガール!カリスマスタイリストに物申す』の感想。 なお、原作小説の宮木あや子氏『校閲ガール』シリーズは未読。 悦子(石原さとみ)は伝説のスタイリスト・フロライン登紀子のエッセーの校閲を任され、舞い上がる。登紀子が住むイタリアで出版された本の翻訳版だ。貝塚(青木崇高)は...

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 「型破り校閲ガール!カリスマスタイリストに物申す」

今回は、目の保養コメデイのみならず、お仕事ドラマとしても、痛快要素があり、とても楽しかったです。それぞれの、キャラも、とてもビビッドで、いきいきしてました。オチの茶目っ気も小粋でした。大いに満足         (ストーリー)悦子(石原さとみ)は、イタリア在住の人気スタイリスト・フロイライン登紀子がイタリアで出版したエッセイの校閲を任される。登紀子がかつて『Lassy』で書いていたファッショ...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第5話

第5話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第5話

「型破り校閲ガール!カリスマスタイリストに物申す」内容人気スタイリストのフロイライン登紀子(川原亜矢子)のエッセーの校閲を任された悦子(石原さとみ)は、大喜び。かつて“Lassy”でエッセーがあり、悦子は大ファンだった。ただ、翻訳語の文字校正だけ。。。だという。 そんななか...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad