edit

IQ246~華麗なる事件簿~ #03

『執事の愛』
前回までの二人に比べて犯人がくだらない、というところかなぁ。

賢正は引き返してほしい、という気持ちは本当のところだったんでしょうね。
だからこそ、直接話をしていたのでしょうけど、気持ちは届かず。

で、賢正と沙羅駆の仲違いは演技だった。
奏子は別に騙さなくても、これまで通りに上手く誘導できそうな気がもしたけどね^^;
賢正は沙羅駆への恩があるようで、仕事として執事をしているわけではなく、
自分の意志で執事としてそばにいるのだ、と。
一体二人に何があったのかね?
本来、目標にしていたものを諦めるきっかけとも関係してるのかな?

さてはて、色々な場所を見ている謎の女。
沙羅駆はバッチリその視線に気づいてるみたいですけど、
動じた様子はなさそうでしたね。

法門寺沙羅駆:織田裕二
和藤奏子:土屋太鳳
89代目 賢正:ディーン・フジオカ
山田次郎:宮尾俊太郎
今市種子:真飛聖
法門寺瞳:新川優愛
足利尊氏:矢野聖人
棚田文六:篠井英介
88代目 賢丈:寺島進
森本朋美:中谷美紀

トラックバック

TB*URL

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿』第3話

「恋が揺るがした執事の忠誠心」内容マッサージ店の瞳(新川優愛)と奏子(土屋太鳳)を紳士服店の帰りに、迎えに来た沙羅駆(織田裕二)賢正(ディーン・フジオカ)そこで、賢正は、高校時代の同級生・滝乃川美晴(観月ありさ)と再会する。カリスマ主婦モデルとして有名で、夫は不動産会社経営とセレブだった。ふたりは、再会を約束。連絡先をかわし帰るのだった。 数日後、賢正の元に、美晴から電話が入る。 滝乃川...

IQ246~華麗なる事件簿~ (第3話・2016/10/30) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(公式) 第3話『恋が揺るがした執事の忠誠心』の感想。 賢正(ディーン・フジオカ)は、高校時代の同級生でカリスマ主婦モデルの美晴(観月ありさ)と再会。近いうちに食事をしようと約束して別れる。そんな中、不動産会社を経営する美晴の夫・隆文(高木渉)が自宅書斎で刺殺される。犯人らしき男(岡田浩暉)も花瓶で頭...

IQ246~華麗なる事件簿~ 「恋が揺るがした執事の忠誠心」

今回のゲストは、滝乃川美晴(観月ありさ)で、賢正(ディーン・フジオカ)の高校の同級生カリスマ主婦モデルとして有名で、夫は不動産会社経営とセレブ沙羅駆(織田裕二)の演技には馴染んできたけれど… オハナシは、今ひとつ、だったかな?でも、ディーン様の出番が多かったので、まだしも溜飲が下がったのでした。    (ストーリー)沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)は、フットマッサージ店で女磨き...

IQ246~華麗なる事件簿~ 第3話

沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)は、フットマッサージ店へ瞳(新川優愛)と奏子(土屋太鳳)を迎えに行った先で、賢正の高校の同級生・滝乃川美晴(観月ありさ)と再会します。 不動産会社社長・滝乃川隆文(高木渉)と結婚した美晴は、主婦モデルとして優雅な生活を送っていました。 賢正と美晴は、「近いうちにまた会おう」と互いの連絡先を交換します。 しかし数日後、隆文が自...

日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」 第3話

日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」 第3話 (公式ホームページ) そろそろ織田さん演じる法門寺沙羅駆の違和感を受け入れられるか否かが定かになる頃合いだろうか。演技というか、単純にそういう「キャラクター」を生理的に受け入れられるか否かなので受け入れらる方が偉いとか、否定出来る方が凄いとかではないのだけど。 個人的にはちょっと落ち着いてきた印象があった3話。沙羅駆もそうだ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad