edit

ニセコイ 25巻

ニセコイ(25)/古味直志(著)週刊少年ジャンプで連載されていた古味直志さんの「ニセコイ」最終巻となる第25巻。

カバーを外したところの集合写真がいいですね。
万里花のお母さんは小咲のお母さんには表情を見せるんですね。
あの母親に対してもグイグイ言っていたのな、という感じですがw
ちゃんと見てくれてる人たちがいたんじゃないか、と改めて思ったりもしました。
ここでも楽のお母さんの顔は描かれてなかったですね。
どんな顔だったんだろうかねぇ。

第218話「ナンダカ」
羽から教えてもらったペンダントが壊れた理由。
そして、10年前の約束。
楽はあえて聞かずに千棘を追うことを決めた。
ていうか、夜はどうやって取り出したのかね^^;

第219話「ヤッパリ」
改めて伝えられた万里花の想い。
本当に清々しい子でしたねぇ。
鶫は鶫でクロードに対して真っ向から向き合ったりも。

第220話「サイゴノ」
小咲と千棘が思い出す10年前の約束。
春はこの時のことを覚えてるのかね?

第221話「シンジツ」
絵本になぞらえての告白。
千棘と万里花が、ということになったわけですけど、小咲が本当は好きだった楽。
この時の中途半端なやり取りがいかんわなぁ。
誰にでもいい格好しようとしたら、そりゃダメですよね。

第222話「ニセモノ」
自分は違ったと知った千棘。
自分は千棘の想いの上にいたのだと知った小咲。
このままではダメだと小咲は思うわけですが、千棘は逃げ出してしまう。

第223話「イヒョウ」
ようやくクロードが鶫が女性だと知ることに。
本当にアホかとね^^;
そして、るりの告白。
るりには本当に幸せになってほしいねぇ。

第224話「デキナイ」
断片的な情報で勝手に決めつけてしまったがために、
逃げ出そうとした千棘を万里花が戻らせた。
本当にいい友達と出会えたものですね。

第225話「コクハク」
楽が気持ちを決めていると気づいた小咲の告白。
そして、それに対する楽の答え。
小咲の前では泣くなよ、とは思うところですね。

第226話「ケツベツ」
ペンダントの中身。
小咲の想いを知ることに。
そして、その想いを受け止め、今を進む。

第227話「ニセコイ」
楽と千棘のニセコイ物語が終わりへ。
二人の告白。
ニセモノではなく、ホンモノの。

第228話「タビダチ」
それぞれの道へ。

最終話「ヤクソク」
そして、数年後。
結婚へ。
新しいペンダントと鍵が二人だけでなく、
多くの人たちの想いを込めたものになってるのでしょうね。
それぞれ自分の道を見つけて進んでるようで。
羽の旦那さんはどんな人だったんだろうねぇ。
鶫がさらに綺麗になっていたりもするしね。
色んな男性から声をかけられてもいるだろうに、恋の方はどうなんだろう。
春と風ちゃんは相変わらずな感じで。
ポーラはどこに進むのかな?

おまけ
さらに数年後の話。
小咲にも新しく好きな人が出来て子供も、ということのようですね。
で、楽と千棘のところの息子と小咲のところの娘が出会うことに。
小咲はどういう男性と出会って、どんな恋をしたんだろうねぇ。
春のところでお世話になるらしいけど、春の恋はどうなったんでしょうかね。


というわけで、完結しましたね。
結局のところ、何で三人はすっぽりと10年前の記憶をなくしていたのか、というところですよねぇ。
短い期間ではあるものの、濃い内容だったのに忘れるものかね?
というのが、全てになっちゃうところがあったなぁ、と。
そういうこともあって、終盤はつまらく感じてしまってましたね。

次回の連載ではダブルアーツのような作品に戻ることを期待したいなぁ。
でも、ジャンプGIGAでの新作もラブコメなんだろうか?
本当にダブルアーツのような作品をお願いしたい^^;
というかまぁ、ダブルアーツを、ということなんですけどね。

けどまぁ、最後は白ける感じもあったりはしましたけど、
楽しめた部分もありましたし、
全25巻、約5年の連載お疲れ様でした。

関連記事
ニセコイ 20巻
ニセコイ 21巻
ニセコイ 22巻
ニセコイ 23巻
ニセコイ 24巻


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニセコイ 25 [ 古味 直志 ]
価格:486円(税込、送料無料) (2016/10/4時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad