edit

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン #11

『常怠vs不眠』
森を燃やすことで足止めをしたイクタ。
けれど、それで稼げる時間では十分ではない。
ということで、林道を鎮火してそこに砦を築く。
ただ、それはジャンに全て読まれていたようですね。

本物の天才に自分の判断が揺らぎそうになっていたましたが、
イクタはなんとか踏みとどまって作戦を続けた。
ヤトリが行動をもって示してくれたのも大きようですね。

というわけで、なんとか相手の策略を封じることは出来たわけですが、
それでも相手にとっては余裕のある戦い。
さらにはカラ・カルムの部隊も動き出すようですね。

そして、前に出過ぎたシナーク族を助けようとしてイクタの部隊にも死者が。
そのことにスーヤは納得できなかった。
彼女はイクタを責めるが、それは自分の責任だとヤトリは言う。
自分の行動でイクタが判断したのだから、と。
けれど、イクタは自分を責める感情を受け止めた。
表に出しはしない悲しみも。

ヤトリの正論。
そして、イクタを殺せと命令されれば殺すことになる。
けど、そこに至るまでにヤトリは自分を殺す。
ヤトリシノではなくなって、ようやく殺せる存在。

マシューもまた不安を抱えてるようですね。
これまで、イクタの指示で動けば楽に勝てていただけに、
今回の戦争でこれが戦争なんだとようやく実感を持って感じることに。

戦力差のある中で次はどのような戦いになるのでしょうかね。

イクタ・ソローク:岡本信彦
ヤトリシノ・イグセム:種田梨沙
シャミーユ・キトラ・カトヴァンマニニク:水瀬いのり
トルウェイ・レミオン:金本涼輔
マシュー・テトジリチ:間島淳司
ハローマ・ベッケル:千菅春香
ハザーフ・リカン:楠見尚己
アルシャンクルト・キトラ・カトヴァンマニニク:田中完
イソン・ホ―:杉田智和
スーヤ・ミットカリフ:秋河あゆむ
サリハスラグ・レミオン:子安武人
スシュラフ・レミオン:武内駿輔
ニニカ:山崎はるか
シシンディ:水中雅章
ソルヴェナレス・イグセム:小山力也
バダ・サンクレイ:藤原啓治
ユーカ・サンクレイ:井上喜久子
グイハン:綿貫竜之介
マリバン・スサ:斉藤貴美子
アナライ・カーン:麦人
バジン:野上翔
ナズナ:種崎敦美
イクタ・サンクレイ:M・A・O
タムツークツク・サフィーダ:桜井敏治
ユスクシラム・トァック:樫井笙人
カンナ・テマリ:葉山いくみ
アザン:千葉翔也
センパ・サザルーフ:松本忍
デインクーン・ハルグンスカ:山本格
ナナク・ダル:高橋李依
メライゼ:手塚ヒロミチ
ニルヴァ・ギン:山本兼平
ジャン・アルキネクス:福山潤
ミアラ・ギン:金元寿子
タズニヤド・ハッラー:杉崎亮
ミタ・ケンシー:鈴木絵理
アクガルパ・サ・ドメイシャ:石塚運昇
ミシュリ:柳田淳一

トラックバック

TB*URL

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第11話 『常怠VS不眠』 昨日まで敵だった上命令無視した奴を命がけで助けるのか!?

それが軍隊。命令があれば嫌な任務も危険な戦いもこなさなきゃならない。頭では分かっているけど目の前で戦友が死んで行ったらそんなの吹っ飛んじゃう。スーヤの抗議は一般人から見れば至極まっとうなもの。でも軍隊が感情で動いたら大変です。というか感情で動いた結果が前回の略奪&暴行未遂だった訳で。昨日の敵は今日の友。この言葉は味方が優勢だった場合にこそ生きるもの。劣勢だった場合昨日の敵を見捨てずに居られよ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad