edit

そして、誰もいなくなった #09 最終回

『すべての謎 驚愕の結末』
なんだろう。
全くすっきりしない終わり方だった。

きっかけがきっかけでもあるし、してることも遅れた反抗期ということでしょ。
万紀子が中途半端だったのも問題だったわけですけど。
新一の父親はお金のためだとわかってる相手と結婚した理由はなんだったのかね?
そこが知りたい。
新一に母親をってことだったら、それこそおかしな話だと思うし。
結果的には新一がいい子だったことで母親となったわけではあるけど。

わざわざ結婚せんでも、愛人にしてお金渡してりゃよかったんじゃないのか?
ということでね。
そうすれば、おかしなことになることもなかっただろうに。

散々疑ったことへの謝罪がなかったような気もする。
それもスッキリしない理由の一つだろうか?
聞き逃してるだけで、ありましたっけ、謝罪?

そんなこんなで、今ひとつ楽しめなかったかなぁ。

藤堂新一:藤原竜也
小山内保:玉山鉄二
倉元早苗:二階堂ふみ
日下瑛治:伊野尾慧
五木啓太:志尊淳
斉藤博史:今野浩喜
川野瀬猛:遠藤要
西野弥生:おのののか
君家砂央里:桜井日奈子
長崎はるか:ミムラ
馬場:小市慢太郎
鬼塚孝雄:神保悟志
田嶋達生:ヒロミ
西条信司:鶴見辰吾
藤堂万紀子:黒木瞳

トラックバック

TB*URL

「そして、誰もいなくなった」個人情報を消された男の結末は愛情を知らずに育った万紀子の息子の復讐劇!弱みに漬け込まれ多くの人物は操り人形にされていたのだった

「そして、誰もいなくなった」最終話はこの事件の黒幕が日下だと知った新一は万紀子がこの事件に関わっている事もわかり、全ては25年前から始まった事を知る。25年前に新一の ...

そして、誰もいなくなった 最終回「すべての謎驚愕の結末」

事情は分かったけれど、「なんだそりゃ~~~!」顛末でした。ここにきてますます、やはり、新一(藤原竜也)の母、万紀子(黒木瞳)が関わっていましたが、我子の為、とお金持ちと結婚し、結婚の条件として手放した実の子供… つまり、新一の弟が、日下(伊野尾慧)が、屈折しまくって、復讐をしかけてきたのですね。万紀子は、再婚相手の子である、新一がなまじイイ子だったばかりに、情が移ってしまい、最初は、我子だけ...

そして、誰もいなくなった 最終回

新一(藤原竜也)が日下(伊野尾慧)のアパートに戻ってみると、そこにいたのは母・万紀子(黒木瞳)でした。 万紀子に言われて手にした写真を見ていた新一の背後に、車椅子から立ち上がりナイフを手にした万紀子の姿が・・・ 新一が驚いて振り返ると、万紀子はその場に崩れ落ちます。 その時、万紀子に電話が掛かって来て・・・ 電話口から聞こえるのは、「どう、殺した?」という日下の声でし...

そして、誰もいなくなった (第9話/最終回・2016/9/11) 感想

日本テレビ系・新日曜ドラマ『そして、誰もいなくなった』(公式) 第9話/最終回『すべての謎驚愕の結末』の感想。 藤堂(藤原竜也)は、全ての鍵を握る万紀子(黒木瞳)に会いに行く。すると、車椅子から立ち上がった万紀子は、ナイフを手に藤堂の背後に迫る。その時、万紀子に電話がかかってくる。藤堂の死を確認するために電話をかけてきたのは、日下(伊野尾慧)だった。全ては...

誰もいなくなったとかいう前に・・・

ドラマ「そして、誰もいなくなった」を見ました。 日テレにて、日曜10時半からやってました アガサ・クリスティ原作のと思いきや、完全オリジナルの作品 やはり原作モノが多いなか 嬉しいですね ただ・・・ ちょっとストーリーが なんともね 最初の方は良かったのだけ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad