edit

仰げば尊し #08 最終回

『別れと奇跡』
樋熊の手術は失敗だった。
手の付けようがなかったようですね。
治療は緩和治療への切り替えとなる。

関東大会の舞台に立つために樋熊はリハビリを始めた。
けれど、肺にまで転移していた。
一時帰宅は許可できない。
それが先生の判断だった。

奈津紀の時折見せる表情でおかしいと気付いた青島が樋熊のことを聞き、
最初は誤魔化した。
でも、すぐに青島たちの真剣な姿に奈津紀は本当のことを伝えた。
そして、生徒全員にも。

青島たちは全国大会に連れていってやる、と樋熊に伝えた。
けれど、高杢だけは関東大会の舞台に立たせたかった。
というわけで、病院から連れだしたんですね。
心に従った行動。

そして、みんなの心の灯へ。

樋熊の指揮で関東大会の演奏はみんなが一つに。
最高の演奏を披露した。
けれど、金賞はとれたものの全国大会への出場は達成出来なかった。
技術は足りなかった。
でも、どこよりも心に響く音楽だった、とゴタゴタとした学校の先生が伝えに来た。

そして、別れ。

さらに翌年、全国へ。

先生の心を自分たちの胸に。
それぞれの道へ。
青島は恩返しとして音楽の先生になるために頑張ることにしたんですね。

樋熊先生は本当に大変だったでしょうけど、本当に幸せな最後の時間を送れたのでしょうね。

青春モノとしては悪くはなかったかな、
とは思うものの、音楽の要素が少なく感じたかな。

樋熊迎一:寺尾聰
樋熊奈津紀:多部未華子
木藤良蓮:真剣佑
青島裕人:村上虹郎
有馬渚:石井杏奈
安保圭太:北村匠海
高杢金也:太賀
桑田勇治:佐野岳
古庄芳喜:矢本悠馬
井川宏達:健太郎
木部郁夫:藤原薫
向井美和:水上京香
草刈涼子:岡崎紗絵
新井宗一:尾美としのり
鮫島照之:升毅
小田桐寛治:石坂浩二

トラックバック

TB*URL

仰げば尊し 第8音(最終音)

「別れと奇跡」内容手術から目覚めた樋熊(寺尾聰)は、渚(石井杏奈)たちから県大会突破の報告を受ける。同時に、木藤良(真剣佑)も参加したと知る。次の関東大会を突破すれば、全国大会。 そのころ奈津紀(多部未華子)は、担当医から手術結果を聞いていた。結果に苦...

仰げば尊し 最終回「別れと奇跡」

樋熊(寺尾聰)は手術を受けたものの、結局「手のつけようがなかった」です。病気は肺にまで到達してて、一時帰宅も許されません。県大会を前。不安で仕方がない生徒達を前に、樋熊が渾身の指揮と演奏をしたのが、せめてもの幸い、だったかな?実話ベースだから仕方ないけれど、せめて彼等に全国大会の切符をあげたかったなぁ… 実際には、主要メンバー達が卒業した、翌年にリベンジ。全国に行けたみたいですが、「うわぁ、...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad