edit

クロムクロ #22

『鬼が哭いた雪中花』
やっぱりシールドの外には出られなかったみたいですね。
というわけで、多くの人達が取り残されることに。
通信に関してはなんとかなるらしいけど、出られなければ意味がない。

エフィドルグの方は洗脳した研究所員たちを使ってクルル石の起動準備へ。

由希奈たちはゼルから岳人のことを聞かされることに。
岳人はそんな方法で接触しようとしていたのなw
何日も粘っていたことで、ゼルは興味を持っていたようで。
とうとう自分を傷つけようとした岳人の前に姿を見せた。
そこからは完全に岳人のペースになったようですね。
彼は自分の考えをゼルに話し、ゼルはエフィドルグが地球を侵略しようとしていることを伝えた。
ゼルという呼び名も岳人が長いな、と省略したところから来ていたんですね。

というわけで、ゼルの存在、エフィドルグという異星人の存在をつかんだ岳人は
一度戻って情報を伝え、由希奈を会わせるためにもう一度戻ってくると約束して下山。
が、その道中で遭難し亡くなった。
自分が止めていれば、とゼルも後悔していた。
そして、由希奈は自分の言ったことを再び悔やむ。
信じてあげればよかった、と。

そんな中でムエッタが行方をくらました。
自分が何なのかわからなくなり、どこにいればいいのかわからなくなったみたいですね。
剣之介は当然のように追いかけるわけですが、
それを追った由希奈がムエッタを見つけることに。
正しくは遭難しかけた由希奈をムエッタが見つけてくれたわけですが。

というわけで、由希奈が心配する理由にムエッタは少し気持ちが楽になったりもしたみたいですね。

そして、異常な寒さ。
それはクルル石によるものだった。
起動は始まり、しばらくすれば本隊がやってくるだろう、と。

中心にいた人たちは寒さで倒れてしまってるようですけど、無事なんだろうか?
早くしないと寒さで死んでしまうんじゃ。

ただ、急がないといけないとわかっていても戦力面でどうしようもないところで。
ガウスも一機追加した直後に二機失ってしまってますしね。
残ってる一機も損傷具合で前線でというのは無理だろうし。
どうするのやらねぇ。

青馬剣之介時貞:阿座上洋平
白羽由希奈:M・A・O
ソフィー・ノエル:上田麗奈
荻布美夏:瀬戸麻沙美
赤城涼斗:石川界人
茅原純大:小林裕介
ホセ・カルロス・高須賀:武内駿輔
宇波茉莉奈:杉平真奈美
白羽小春:麻倉もも
白羽洋海:東條加那子
トム・ボーデン:木村良平
リュウ・シェンミイ:植田ひかる
セバスチャン:楠大典
グラハム:小西克幸
リタ:Lynn
ベス:木村珠莉
荒俣稔:巻島康一
ジロー:手塚ヒロミチ
ポーラ:佐藤利奈
武隈先生:木内秀信
薬師和尚:後藤哲夫
白羽岳人:大川透
ハウゼン:内田夕夜
ヒドゥ:中西英樹
フスナーニ:遊佐浩二
ミラーサ:山田唯菜
ムエッタ:豊崎愛生
ヨルバ:谷山紀章
イムサ:櫻井トオル
レフィル:斧アツシ

トラックバック

TB*URL

クロムクロ 第22話 『鬼が哭いた雪中花』 冷えた体を裸で温め合う由希奈とムエッタにドキドキ。

同じ顔を持つ物同士の百合っぽいシーン。たまりませんな。フラリと居なくなったムエッタを探して遭難。ミイラ取りがミイラになる、を地で行く由希奈。まさか親子揃って同じ死に方を…しませんね。だってヒロインだもの。 基地は占拠、そして逃げられない。結界のようなドームに覆われているからですね。半径25kmのドームに全員閉じ込め。こういう時にまず思いつくのが穴掘ってくぐり抜けられないかという...

どこへ行けば/クロムクロ22話感想

 今週末は土日外出のため明日のジョジョ感想は前編のみ、また日曜を含め更新が遅延します。すみません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad