edit

そして、誰もいなくなった #03

『お前が犯人だったのか?』
藤堂と母親に血の繋がりはなかったんですね。
後妻だったのか。
そのことを藤堂は知ってんのかね?
警察に息子を偽るようなことはしなかったみたいですが、
お母さんは何を考えてるのやらねぇ。

日下やらと繋がりのある感じの子が藤堂の後をつけていた子だったわけですが、
西条が見えるタイミングでははるかに雰囲気を似せていたのでしょうね。

そんなこんなでそれははるかの死に繋がってしまうことに。
めちゃくちゃこじれてたみたいですね。
藤堂が知らない、気づかないだけで。

結局、はるかは何もなかった、ということになるのかな。
にしても、後味が悪い感じになったなぁ。

藤堂新一:藤原竜也
小山内保:玉山鉄二
倉元早苗:二階堂ふみ
日下瑛治:伊野尾慧
五木啓太:志尊淳
斉藤博史:今野浩喜
川野瀬猛:遠藤要
西野弥生:おのののか
君家砂央里:桜井日奈子
長崎はるか:ミムラ
馬場:小市慢太郎
鬼塚孝雄:神保悟志
田嶋達生:ヒロミ
西条信司:鶴見辰吾
藤堂万紀子:黒木瞳

トラックバック

TB*URL

そして、誰もいなくなった 第3話

公安警察の鬼塚(神保悟志)に捕まった新一(藤原竜也)は、監禁されたまま、弁護士・西条(鶴見辰吾)に弁護を依頼します。 「一刻も早くここから出してほしい」と言う新一に、西条は「もう一人の新一さんの仮釈放手続きがあるので」と帰ってしまいます。 その頃、新一の帰りを待つ早苗(二階堂ふみ)は、新一の部下・五木(志尊淳)にマンションの部屋に押し入られ、無理やりキスをされていました。 ...

そして、誰もいなくなった 第3話

「お前が犯人だったのか?」内容鬼塚(神保悟志)に捕らわれた新一(藤原竜也)は、西条(鶴見辰吾)を呼び出し、弁護を依頼する。監禁場所から出してくれることだけは約束してくれるが。。。 そのころ早苗(二階堂ふみ)は、五木(志尊淳)から新一の話を聞かされていた...

「そして、誰もいなくなった」個人情報を消された男3新一ははるかから早苗の不倫現場写真を見せられ告白を受けるが拒否した事ではるかは事件のカギを残していなくなった

「そして、誰もいなくなった」第3話は公安に身柄を拘束された新一だったが、ある出来事で逃げ出す事に成功する。しかしその頃偽藤堂新一が釈放されたが偽藤堂新一はあっさり偽者 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad