edit

神の舌を持つ男 #04

『今夜は横溝系!!呪いの数え唄が招く連続殺人』
次の場所までもう少しというところでミヤビとすれ違うことに。
ちゃっちゃと降りて走れば追いつけるやん、と思ったわけですが、
何で降りるのをちんたらしてたんかな?
で、走って追いかけたら土砂崩れで道が塞がれてしまうことに。
しかも、その土砂の中から大量の人骨が。

さてはて、顔が見えましたね。
ミヤビを演じていたのは広末涼子さんだったんですね。

で、今回は次回に続く話になっていましたが、一体この村の過去に何があったのかね。
タイミングとしては一番悪い時だったし、光が刀を持っていたことで余計めんどくさいことに。

駐在さんが殺され、宿泊客の男性も殺されることに。
仲居さんが言うには宿泊客の男性の薬をミヤビが入れ替えたらしい。
どういうことなのかな。

ここにきてようやく宮沢と蘭丸の出会いも語られましたね。
ミヤビと同じタイミングで宮沢とも出会っていたんですね。
香典泥棒と間違えられたところを助けたらしい。
ただまぁ、通夜の食事を関係者でもないのに食べていたらしいけど^^;

朝永蘭丸:向井理
甕棺墓光:木村文乃
宮沢寛治:佐藤二朗
朝永平助:火野正平
朝永竜助:宅麻伸
ミヤビ:広末涼子

トラックバック

TB*URL

【神の舌を持つ男】第4話「刃無しの村呪い伝説」 感想

昭和10年。 とある寒村で、語るのすら憚られる凄惨極まりない事件が起きた。 女房を寝取られたと思いこんだ男が嫉妬に狂い、刃物で村中の男衆を次々に襲ったのである。 それから八十余年、その事件が日本中に忘れ去られた現在…。 神の舌を持つ男 第4話 「刃無しの村呪い伝説」    簡単な感想のみで。 ってことで… ミヤビさんを追って毛増村へ...

神の舌を持つ男 第4話

第4話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

神の舌を持つ男 (第4話・2016/7/29) 感想

TBSテレビ系・金曜ドラマ『神の舌を持つ男』(公式) 第4話『今夜は横溝系!!呪いの数え唄が招く連続殺人』の感想。 寂れた温泉郷を訪れた蘭丸(向井理)らは、その道中でミヤビを発見。直後、土砂崩れが起きて彼女を見失う。土砂からは数体の白骨遺体が出てきた。寛治(佐藤二朗)が土砂崩れから間一髪助けた町子(臼田あさ美)の案内で、蘭丸らは村唯一の温泉宿に到着。宿の主...

「神の舌を持つ男」第四話

古くからの言い伝えと白骨遺体。 第四話『刃無しの村呪い伝説』ネタバレです。 八つ墓村 上巻 [DVD]古谷一行 鰐淵晴子 長門勇 荻島真一角川エンタテインメント by G-Tools

神の舌を持つ男 第4話

蘭丸(向井理)、寛治(佐藤二朗)、光(木村文乃)は、毛増村へ続く山道を車で走る最中、ミヤビ(広末涼子)を発見します。 謎の女性がついに顔を出して来ましたw よくやく見つけたと蘭丸は喜びますが、突然の落雷にあえなくミヤビを見失ってしまうのでした。 同じ場所で、寛治は土砂崩れに巻き込まれそうになった町子(臼田あさ美)を救出しますが、土砂の中には無数の白骨体が・・・ それを...

毎度おなじみの横溝正史風でございます(向井理)ゴジラかよ(木村文乃)牛蒡は鈍器とは言えません(臼田あさ美)

増毛と書いて「ましけ」と読む。 北海道旅客鉄道(JR北海道)留萌本線には増毛駅が実在する。 2016年12月には廃駅となるってよ。 快速列車「ましけ」もあったのにな。 しかし・・・このドラマに登場する毛増(けまし)村はフィクションである。 一部の毛髪に不自由な人にはありがたい「地名」だよね。 毛髪に

神の舌を持つ男 第四話

『刃無しの村呪い伝説』「今夜は横溝系!!呪いの数え唄が招く連続殺人」内容ミヤビが向かったという毛増村へと向かう蘭丸(向井理)たち。車が、山道を進んでいると。。。。ミヤビ(広末涼子)とすれちがう。車がガス欠で止まり、蘭丸はすぐに追いかけるが、逃げるミヤビ。その時、土砂崩れが発生し、宮沢(佐藤二朗)は巻き込まれそうになった女性・町子(臼田あさ美)を助ける。その直後、土砂の中から白骨遺体が見つかり...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.