edit

神の舌を持つ男 #02

『湯煙に霞む親子の情感欠泉のトリックを暴け』
寂れた温泉街で人が亡くなった。
その事件現場から立ち去るミヤビの姿を蘭丸たちは目撃。
けれど、捕まえることは出来ず。

今回も三助の仕事で宿に泊めてもらったわけですが、
その宿は親子仲が最悪。
何故、蘭丸たちのいる部屋で暴れるのか。

ランキングが最下位だったのは仲居の責任なわけで、お父さんが悩む必要ってなかったんじゃ?
息子が飛び出したのも他のことがしたくて、ということだったわけだしねぇ。
で、戻ってきたのは素直に言えなかったわけですが、宿を継ぐため。
寛治が部屋を見て何かを感じたのはパソコンがなかったことだったんですね。
父親の方は父親の方で息子に継がせようと大事な仕事を教えたり。
ていうか、温泉宿で温泉の管理を教えてる時点で気付けよ、って話だと思うけど^^;
ましてや、息子だしねぇ。

ただまぁ、ミヤビとゲスな関係になろうとしていたのはよろしくないが。
家族が一つになった感じのあった直後にあそこまでハッキリ言えるってすごいな^^;

蘭丸の舌は父親によって無理矢理作られたものだったみたい?
元々敏感なところはあったのでしょうけど、体当たりすぎますやん。
あれで知識を与えてもらったとか言われても感謝なんて出来んよなぁ。
お腹痛いって言ってんのにもう一枚食べさせようとしてたしね^^;

朝永蘭丸:向井理
甕棺墓光:木村文乃
宮沢寛治:佐藤二朗
朝永平助:火野正平
朝永竜助:宅麻伸
ミヤビ:?

トラックバック

TB*URL

神の舌を持つ男「湯煙りに霞んだ親子の情!!間欠泉に掛かる母の涙よ届け」

ミヤビがいる、という情報を得て、蘭丸(向井理)達は鐵友温泉へ まだまだ遊び心満載で、好みが分かれそうですが、物語が前に進んで、見やすくなってきました。 三助の仕事で宿に泊めてもらったのですが、宿も親子仲が険悪だったり、いろいろ事情が… でも、なかなかに楽しめました。もうしばし、様子見です。        (ストーリー) 蘭丸(向井理)、光(木村文乃)、寛治(佐藤...

神の舌を持つ男 第2話

第2話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

神の舌を持つ男 (第2話・2016/7/15) 感想

TBSテレビ系・金曜ドラマ『神の舌を持つ男』(公式) 第2話『湯煙りに霞んだ親子の情!!間欠泉に掛かる母の涙よ届け』の感想。 蘭丸(向井理)一行はミヤビがいるという寂れた温泉街の宿を訪れるが、入れ違いに。そこで、宿の女将・順子(山村紅葉)にただで泊めてほしいと交渉していると、順子の息子・天童(中尾明慶)が10年ぶりに帰省する。一行は天童の口添えで、従業員と...

神の舌を持つ男 第2話

蘭丸(向井理)、光(木村文乃)、寛治(佐藤二朗)は、ミヤビの消息を追って、ある温泉に辿り着きます。 そこは、女将・順子(山村紅葉)と湯守の重吉(徳井優)夫婦が切り盛りする旅館でしたが、近年は客足が途絶えていて廃業寸前でした。 温泉ランキングで最下位って・・・ クチコミには、みんな仲居頭(江口のりこ)に問題があると書かれてあって・・・w 蘭丸が宿でミヤビの行方を聞い...

事件の謎はこの舌が味わった!(向井理)お金!(木村文乃)父と子の絆の物語(佐藤二朗)

法治国家であり・・・基本的人権を憲法が保障していて・・・国民主権である我が国だが・・・。 実際には無法なスペースもあり・・・人権と人権は衝突し・・・象徴とは何かも曖昧である。 そういうことなので・・・それぞれの人間は・・・なるべく・・・優しい心で生きてもらいたい。 だが・・・いくら愛がすべてだっと言

神の舌を持つ男 第二話

『間欠泉は見た!親子の愛は語らず語り』『湯煙に霞む親子の情、間欠泉のトリックを暴け内容ミヤビの情報を得た蘭丸(向井理)たちは、山道を進む。が。。。ワゴンがガス欠。すると蘭丸が配管を見つけ、温泉があると確信。そこに湯守の津村重吉(徳井優)が通りかかる。やがて、温泉旅館...

『神の舌を持つ男』第2話★TRICKもどき

『神の舌を持つ男』第2話 『神の舌を持つ男』の第2話の平均視聴率は6.2% 『TRICK』の匂いがするのに、どうしてこんなに面白くないんだろうか?? −◆− 向井理が証拠をペロペロなめるのが不潔に感じられるのは神経質すぎるせい? なんか生理的に受け付けない。 −◆− 木村文乃が頑張ってはっちゃけてるんだけど、『TRICK』の仲間由紀恵みたいにシックリこない。 なん...

「神の舌を持つ男」第荷話

間欠泉と父とひとり息子と。 第荷話『湯煙りに霞んだ親子の情!!間欠泉に掛かる母の涙よ届け』 ネタバレです。 ほろ酔いブルーステツandトモ ワーナーミュージック・ジャパン by G-Tools

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad