edit

月刊少年サンデー ゲッサン 8月号

今月号のゲッサン

以下ネタバレあり

いーからやれよ。


「よしとおさま!」の四位晴果さんが読み切りで復活。
漫画家さんの話だったわけですが、オチ信じちゃったじゃないか。
あれだけ手伝ってくれた人を幻にするなw
最後の焼き肉の場面を見るに安西もきっちりしたら若々しく見える感じですね。
次の連載が楽しみだねぇ。

第13保健室


ようやく描かれた椿の過去。
元々は第1保健室の養護教諭だった。
その頃の彼女のもとには多くの生徒がやってきていた。
そんな中で学園長はさらに保健室を増やすということを選んだ。
その当時は5人だったわけですが、そこでもっと自由にしてもらってもいいのだと伝えた。
結果、それぞれがやりやすい形で保健室を変えていった。
あれ自費だったのなぁw
みんなどこぞのお嬢様なんか?^^;
そして、特色がそれぞれ出てきた中で椿は気付かされることになる。
自分が見ていたのは病気や怪我だけで生徒たちを見ていなかったのだと。
ということで、広い第1保健室を一ノ瀬に譲り今の場所に辿り着いた。
そこで若葉と出会い思い知らされる。
自分がしたのは自分が癒やされる場所を作っただけ。
逃げていただけだったのだと。
ということで、若葉と同じように青春をしてみるかと立ち上がるみたいですね。
後がなくなった状況で椿はどう動くのでしょうかね。
最後の笑顔がよかったですね。

からかい上手の高木さん


本誌移籍本格連載開始。
ということで、二本立て。
最初の話は夢なのか10年以上の後に起こる現実なのか。
大人な高木さんも相変わらずでしたねぇ。
いつもの中学生な二人は下校について。
いい作戦を思いついたらしいけど、下校時間までに西片は友達から付き合ってるのかと聞かれたり。
高木さんも聞かれたらしいけど、いつも自分が帰りに誘ってるからだと言われる。
で、一緒に帰るかの答えを聞かれていたので、西片は頑張って答えてましたね。
西片だったら負けちゃうのかな、とも思ったんですけど、よほど良い作戦が思い浮かんだのかね?
高木さんにはバレバレだったわけですけどw
どんな下校時間になったのやらね。

さらに読み切りも掲載。
普通な女の子は普通じゃなかった。
超能力を持っていたわけですが、若干地味だったため、特別な力を持っていても普通という、
なんとも可哀そうな結果に^^;
ただ、そんなところが好きみたいですね。
想い人はちゃんと見てくれてるようで、気持ちが伝わるといいですねぇ。

放課後さいころ倶楽部


一匹狼だったナオがゲームに出会ったことでたくさん変化が出てきましたね。
というわけで、今回は新たにカンナという子が登場。
ボードゲームが趣味なんですが、一緒に遊ぶ子がいない。
そんな中、見た目にも怖いナオがゲームショップでボードゲームをしているのを見た。
それを確かめたいけど怖い。
なんとか聞けたものの否定されてしまう。
が、その後ゲームショップで再会。
店長さんを合わせた三人で「チャオチャオ」というゲームをすることに。
ナオはコンビニで店長とばったり出くわして怒っていないと知って、
さっそく言ったわけですけど、このわかりやすい子にこのゲームは不向きでしたね^^;
ブラフゲームらしく、さいころの出目を偽ったりしてコマに橋を渡らせる、というもの。
バツが出れば嘘をつかないといけないので正直であり続けるのも無理になっている。
ということで、ナオはバレバレだったようでw
途中で店長のサングラスを取ってドキドキしたりも。
で、勝ったのはカンナ。
学校でルールに縛られて凝り固まってる時とは違っていきいきとしてましたね。

MIX


音美とのちょっとしたやり取りがピンチを防ぐきっかけに。
というわけで、相手エースの三田に危うくしてやられるところだったわけですが、
なんとか三盗を阻止。
その直後の投球はフォアボールとなるわけですが、
狙っての四球だったようですね。
呼吸を整える時間を稼ぐため。
ということで、その後は三者三振。
試合は動きませんねぇ。

ひとりぼっちの地球侵略


希とマーヤの戦いが始まっていると知った岬一は焦ってしまうが、
アイラが冷静に状況を見極め、彼の焦りを止めさせた。
ゾキが狙っているのは岬一の暴走。
今は抑えられているものの、希とマーヤの戦いは希が圧倒的不利な状況に。
籠手に何かを仕込んでいたみたいですけど、つけていない部分を狙われてしまうことに。
血を流しすぎた希は意識を失う寸前だった。
それでも負けられないと立ち上がったものの、マーヤの方が一枚上手だった。
岬一と凪の兄弟の絆。
希はそれを嫉妬するほど羨ましく思っていたんですね。
それだけ魅力的なものに映っていたのでしょうね。
希は立ち上がれるのか。

創刊7周年記念企画「ゲッサン昔話」


今回はさるかに合戦を犬養友さんがアレンジ。
やっぱり犬養さんの作品はいいですねぇ。
実はこの子が猿だったんじゃ、と思ったんですけど、
そういうことだったのなぁ。
さるかに合戦がこんな形になるとは思いもしなかった。
犬養さんの本誌での連載が早く決まるといいなぁ。

ゲッサンmini


今月はなし

ゲッサン 2016年 08月号 [雑誌]
価格:549円(税込、送料無料)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad