edit

甘々と稲妻 #01

『制服とどなべごはん』
原作は雨隠ギドさんのマンガで読んでいます。

初回からうるっときますねぇ。

半年前に奥さんが亡くなり、父一人娘一人の生活をしていた高校教師の公平。
仕事の忙しさや彼自身の寂しさからおろそかになっていた食事。
そんな中、テレビショッピングを見ていたつむぎの言葉に、
ちゃんとした食事を食べさせようと駆け出した。

向かった先はお花見で出会った女の子の母親がしているお店。
母親にドタキャンされて一人で二人分のお弁当を食べて泣いていた小鳥。
そんな彼女を心配してつむぎが声をかけたことで知り合った。
一人で食べても料理は美味しいと涙を流していたわけですが、
そんな美味しさはつむぎがしばらく味わっていないものだった。
その後に食べたお弁当は小鳥のお弁当を表現したものよりもずっと小さかった。

そして、辿り着いたお店に待っていたのは小鳥だけ。
仕事で母親はいなくて本来は休みだった。
それでもつむぎの姿に小鳥はご飯を炊きますと宣言。

というわけで、土鍋ご飯の準備が始まる。
公平は途中で母親に助けを求めようとしている姿を見て心配したり。
それでも満足のいくものが完成。

そのご飯につむぎはとびっきりの笑顔を公平に見せた。
そして、一緒に食べるのが久しぶりだと言われ、
そうだったと気付くことに。
嬉しそうなつむぎの姿に公平はこれから美味しいご飯を作ると約束した。
そんな公平に小鳥は一緒にご飯を作りませんかと提案することに。

小鳥はお花見で初対面ではなく、公平が副担任をしているクラスの生徒だったわけですが、
公平に行くまで気付いておらず、本当に余裕が一切なかったのでしょうね。
まぁ、お花見の時と随分と印象も違ってましたけどね^^;

リアルタイムでの視聴はしませんが、やっぱりいい作品ですねぇ。
どの辺りまで話は進むのかな?

犬塚公平:中村悠一
犬塚つむぎ:遠藤璃菜
飯田小鳥:早見沙織
小鹿しのぶ:戸松遥
八木祐介:関智一
飯田恵:新井里美
犬塚多江:茅野愛衣
ゆうか:久我心麦
ハナ:安藤紗彩
ミキオ:鶴翔麒

トラックバック

TB*URL

甘々と稲妻 第1話「制服とどなべごはん」

第1話「制服とどなべごはん」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

甘々と稲妻 #01 「制服と土鍋ごはん」

== ご飯を美味しく食べるコツ ==  どうも、管理人です。やっぱり月曜日がアニメ多すぎて、ぶっちゃけ追いかけるのが結構大変なんですが、これは少し絞っていく必要があるかもしれない。0話切りが今季は何本出るか。 === 小鳥:「私とご飯を作って食べませんか?」 ===  今回の話は、小鳥と犬塚親子の邂逅と初めての食事を描いた話。某「幸腹グラフィティ」よろしく、やっぱり食事というの...

甘々と稲妻 第1話「制服とどなべごはん」

イメージ通り、ほっこり癒やされる良い作品でした~(^^) つむぎちゃんは公平パパンと二人暮らし。 「おとさん」の呼び方可愛い♪ 奥さんに先立たれ、娘はまだ幼いと、設定はかなりヘビーなのだけど。 そんな中でも底抜けに明るいつむぎちゃん。 ママンがお星さまになったのよくわかってないみたいだったなあ(;_;) お仕事は教師の公平パパン。奮戦するも、生活リズムを掴むのは難しく...

甘々と稲妻 第1話「制服とどなべごはん」

第1話「制服とどなべごはん」 もう可愛いw 半年前に妻を亡くした犬塚公平は娘のつむぎと二人暮らし。 (高校)教師って激務よね。

甘々と稲妻 第1話「制服とどなべごはん」感想

早朝から弁当の支度に追われる教師『犬塚 公平』。 彼は半年前に妻に先立たれ、娘の『犬塚 つむぎ』の世話に明け暮れる忙しい日々を送っていた。 そんなある日、つむぎと二人で公園へと出かけた公平はそこで一人で花見弁当を頬張る少女『飯田 小鳥』と遭遇。 手作りの料理に飢えるつむぎは小鳥の弁当に興味をそそられるが、弁当はすべて小鳥が平らげてしまっていた。 申し訳...

甘々と稲妻 第1話 「制服とどなべごはん」 感想

飯アニメかと思ったら育児アニメだった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.