edit

甲鉄城のカバネリ #12 最終回

『甲鉄城』
生駒が男前でしたねぇ。
意識を失いそうになりながらも、来栖の言葉で呼び戻され、
ようやく無名のもとへと辿り着いた。

けれど、待っていたのは美馬だった。
自分の求めたものだ、と。

生駒は意識を失いカバネに?
という状態の中で、生駒を必死に探し続けていた無名が呼び戻す。
妹の形見を落とした音で迫っていた美馬に気付き反撃。
腕を吹き飛ばした生駒はそのまま無名のもとへ。

そして、白血漿のおかげで無名は無事意識を取り戻した。
けれど、そんな無名の前で美馬が生駒の命を奪おうとしていた。
美馬を止めようと言葉をかけたが止まらない。
無名は美馬を殺すことで止めることを選んだ。
自分は穂積だと。

無名は最後まで美馬を恨まずにいたみたいですね。

その後、来栖とともに甲鉄城へ。
けれど、生駒は目を覚まさない。
何度となく無名が呼びかけ。
ようやく生駒は目を覚ました。

美馬が白血漿を生駒に使った、ということみたいですけど、
どのタイミングで?
意識を失った状態の時に美馬が引き金を引いたけど、
あの弾が白血漿だったとかってことなんかな?

さてはて、甲鉄城はこれからどこへ向かうのやらね。

生駒:畠中祐
無名:千本木彩花
菖蒲:内田真礼
来栖:増田俊樹
逞生:梶裕貴
鰍:沖佳苗
侑那:伊瀬茉莉也
巣刈:逢坂良太
吉備土:佐藤健輔
美馬:宮野真守

トラックバック

TB*URL

甲鉄城のカバネリ 第12話(終) 『甲鉄城』 生駒が助かる道はあるのか?

無名は戻ったけど生駒は…。一人で満足して死んでいきました、という展開になるんじゃないかと。基本的に私はハッピーエンドが好きです。たとえ世界が平和になっても主人公が死んじゃったら全然嬉しくない。なので「革命機ヴァルヴレイヴ」とかしょんぼりでした。かといって安直に生き返ったり「よく分からないけど助かった」って展開にされると萎えちゃう。果たして生駒はどうなるのか。正直興味はほとんどこ...

【甲鉄城のカバネリ】 第12話『甲鉄城』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第12話『甲鉄城』 感想(画像付) 美馬は倒して区切りはついたけど、幕府も崩壊状態なカバネだらけの世界って(^^; 無名ちゃんがお米をお腹いっぱいになる世界になるといいねw なんとなく2期も作れそうな終わり方ですけど、美馬兄さまは生き返らなくていいからね。 あのままキレイに終わっていてw 無名ちゃんも元に戻って、可愛い無名ちゃんが多く見れたのも良い最終...

甲鉄城のカバネリ 第十二話 「甲鉄城」

甲鉄城のカバネリ 第十二話 「甲鉄城」です。 『甲鉄城のカバネリ』ですが、このア

甲鉄城のカバネリ 第12話「甲鉄城」感想

美馬によってカバネで溢れかえり、人々の死が溢れた金剛郭は阿鼻叫喚の地獄へと変わっていく。 そんな時、黒結晶を打った生駒が金剛郭へと到着。 猛烈な勢いでヌエとなった無名の元へと駆け抜けていく。 おびただしい数のカバネの群れを潜り抜けて無名のもとへと急ぐ生駒だが、その行く手を狩方衆により阻まれてしまう。 無数の弾丸に晒されながらも、来栖との連携で苦戦しなが...

甲鉄城のカバネリ #12 「甲鉄城」

== 旅路の果てと続く旅路 ==  どうも、管理人です。昨日はあのまま、結局途中で寝落ちしてしまったので、うっかり予定がずれ込んでしまい、まことに申し訳ないです。元々更新する予定だった記事については、また後日アップさせていただきます。 === 生駒:「俺はカバネリだ」 ===  今回の話は、美馬との最終決戦と金剛郭からの脱出を描いた話。一応、これが春アニメ感想としてはラストにな...

甲鉄城のカバネリ 第12話 「甲鉄城」 感想

カバネはこの世から消えることは無いのか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad