edit

月刊少年サンデー ゲッサン 7月号

今月号のゲッサン

以下ネタバレあり
第13保健室
若葉たちの居場所がなくなってしまうかもしれない。
その現実に若葉はどうしたらいいのかわからない。
けれど、その答えを生徒やこれまでの日々が教えてくれた。
自分を変えてくれた先生のように、青春をするために。
自分にできることを見つけたみたいですね。
そんな姿に一ノ瀬が思うのは彼女を見つめる椿のことだった。
いつまでいじけているのか、というのはどういうことなのやらね。
ということで、次回からは椿のことがメインになってくるのかな?

ふだつきのキョーコちゃん
約3年続いた山本崇一朗さんの連載が最終回を迎えました。
引き続き「からかい上手の高木さん」の連載があるので、
寂しさはあまりないですが、終わり方としてはちょっと残念な感じがあるかなぁ、と。
というわけで、付き合いが始まった二人。
幸せな時間が、ということにはならず、結局ケンジの頭のなかはキョーコのことでいっぱい。
というもの、態度があからさまに変わったわけでね^^;
邪魔したくない、心配かけたくない、というところからだったようですが、
ケンジがそれで心配しないわけもなく。
というか、兄妹なんだからと。
日々野さんも仲がいいこれまでの二人の方がいいだろうしね。
そんなこんなで二人はこれからも変わらずに。
という感じで終わりましたね。
それだったら、もっと連載を続けてほしかった、というのが正直なところです。
そもそもキョーコは一体何なのか、というところも謎なままというのもあるんですよね。
単純にもっと明るい雰囲気で終わってほしかった、というのが一番かもしれないかな^^;
とりあえず、キョーコちゃんの連載お疲れ様でした、ですね。

からかい上手の高木さん
ここしばらく本誌で連載が続いていましたが、次号から本誌の方で連載が決まったみたいですね。
そんな今回はマラソン大会。
二人は勝負をするわけですが、
距離が違うのに勝負をもちかけてたのな^^;
道中でも色々と勝負をしようとするわけですが、
最後は折り返し地点に気づかないまま勝負を始めて、
無駄に終わるというね。
西片どんくさいw

放課後さいころ倶楽部
店長さん、その流れだとどう考えても亡くなったと思うと思いますw
というわけで、引き続いきナオと店長さんの話。
今回は店長さん目線のことが色々と。
忘れられない人は自分と同じハーフですぐに意気投合したらしい。
おっちょこちょいな彼女をずっと守っていく、と約束していたわけですが、
海の帰りに事故に。
そんな夢を久しぶりに見たところにナオがトラのことのお礼にと料理を持ってきた。
その流れで店長の部屋で一緒にゲームをすることに。
今回は四目並べというもの。
すごくシンプルで面白そうだった。
で、ナオは最後まで話を聞かず勘違いしてしまったわけですが、
事故のあとにお世話になった医者に奪われてしまったらしい。
夢を見たり、写真を飾ったりしてるのに、そんなオチとか^^;
ていうか、何であんなに仲が良かったのにそんなことになったんだ?
で、今も未練たっぷりなんですよね?
ナオと接すると彼女のことばかり思い出していたようで。
さてはて、ナオの恋はどうなるのやら^^;

MIX
どちらさん?という感じで登場の女性。
投馬たちの家に空き巣から強盗に切り替えて襲おうとしていた人を撃退。
春夏のお母さんだったんですね。
ということで、8番打者が見事なヒット。
たまたまなところではあったみたいですけどね^^;
そして、二つのバント失敗からのチームで一番バントが上手い2番打者が
意表をついたバントを成功させる。
そりゃ、ツーアウトでバントなんてしてくるとは思わんわなw
自分のところの投手の実力もあるしねぇ。
チャンスに登場は走一郎。
これまでの三振はこの時のためだったようで。
チャンスをしっかりと活かすためだった。
が、惜しいところでファールに。
ということで、チャンスを活かし切れず得点ならず。
相手を疲れさせることは出来た、ということですが、
このチャンスで点を取れなかったのは痛いでしょうね。

ひとりぼっちの地球侵略
兄弟対決開幕。
関係のない多くの人達を希の声の力で街から離れさせた。
声の力をビジャホラで広げてたみたいですね。
ということで、回りを気にせずに戦えるように。
リコが不意打ちをしたわけですが、それでやられるわけもなく。
二人で真正面からゾキのもとへ。
けれど、二人は分断されてしまうことに。
希とマーヤを戦わせる舞台を作られてしまったようですね。
一人で戦わないように、と注意されていたわけですけど、
ゾキを挟んで反対側に。
岬一はどうするのかな。

ゲッサンmini
今回から季節ごとの付録になるみたいですね。
ニューフェイスのとみもと祐理さんの「ほしのあいだで」が
すごくよかった。
こんなん笑うわw
相田のキャラがいいですね。
もう一人のくがふたつさんの「がんばれ!カイリキちゃん」もよかった。
泉尾アキさんの作品は今回もよかったねぇ。
180度真逆ではなく360度真逆で同じ場所。
そんな二人の物語にキュンとした。
他のも含めて今回はどれもよかった。


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad