edit

実は私は 17巻

実は私は(17)/増田英二(著)週刊少年チャンピオンにて連載中の増田英二さんの「実は私は」第17巻。

今回は岡田がメインになる1冊。
いつもスカしていた岡田が青春してましたね。

そんな岡田の「実は」は人の心が読めるというもの。
これだけ話が進んで最初から出てる登場人物にこんな「実は」が出てくるとは
思いもしてなかったから、本当にビックリしましたね。
人との付き合いにうんざりしていた岡田にとって例外になったのが、
隠し事が出来ない朝陽とゲスな顔して乙女なことを考えるみかんだった。
自然と二人と友達に。
そして、みかんへは叶わないとわかっている恋心を抱くことに。

叶わない、とわかっているからスカしていたわけですが、
ひょんなことから非現実的なものに絡まれて、
こんなどうしようもない自分を好きになってくれた鳴に背中を押してもらって、
みかんへの気持ちをカッコ悪くても全力で伝えた。

結果はもちろん付き合えない。
でも、諦めずに伝え続けることを岡田は選んだ。
桜田も想いを実らせたのが岡田に諦めない気持ちをくれたりね。

ただまぁ、若干アホになってましたけどね^^;
本心がちょっとというか結構な駄々漏れをしてましたねw
嶋田の目が死ぬのもしょうがないよねw
鳴も引くわな^^;
おまけでは嶋田にガッツリ真似されたりも。
岡田にとってはこれ以上ない黒歴史だろうねぇw
それでも、年齢を重ねていったら笑い話になるのだろうね。

そんな風になっているであろう未来。
凛のおばあちゃんの話から、みかんと岡田の未来が大体わかったりも。

岡田の話以外では桜田のことで明里と茜が言い合ったり。
まぁ、寂しいってところが大きいのだろうと思う。
素直じゃないんだろう、と。
ただ、遊ぶという目的の方が割合的には大きいだろうともw

葉子がカラオケに誘われた。
これまでは渚や朝陽の友達、といった限られた繋がりだけだったわけですが、
今回は普通の同級生との遊び。
ハプニングはありつつも楽しそうでしたね。

最後は焼き芋の話。
すごく意味がわからないねw
ただただ何をやってんのかと^^;

関連記事
実は私は 12巻
実は私は 13巻
実は私は 14巻
実は私は 15巻
実は私は 16巻


実は私は(...

実は私は(...
著者:増田英二
価格:452円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad