edit

マクロスΔ #10

『閃光のAXIA』
別な展開がよかったよ。

メッサーはヴァールが発症していない星で教官として働くことに。
クラゲ祭りという年に一度のお祭り。
カップルたちがクラゲの下で愛を語らう。

そんな中でお別れが近いメッサーとカナメに話す機会を。
メッサーは自分の気持ちを伝えなかったものの、
自分を救ってくれたという事実をカナメに伝えた。

ていうか、メッサーの話を直接聞いてたのに、
ハヤテとミラージュはそこにある気持ちに気づいてなかったのな^^;

クラゲ祭りの間、美雲は何をしてたのかね?
一人海の中にいたっぽいけど。

そして、別れ。
未練がガッツリある感じでしたけども。

そんな中で空中騎士団が。
ハインツの歌の力を増幅させる装置みたいなのが使われた影響で、
遺跡がないはずの星でも影響が出始めた。

デルタ小隊はメッサーが抜けた穴が大きく空中騎士団を止めることが出来ない。
ワルキューレは遺跡近くに降り立ち、ハインツの歌に対抗しようとした。
けれど、二つの歌がぶつかり合い遺跡は反応した。
フレイアたちが見たのは何だったのかな?
その後、フレイヤと美雲は意識を失ってしまう。
そこに空中騎士団が。

危ういところを救ったのは別の星へ向かったはずのメッサーだった。
カナメに歌ってくれ、と伝え再び空へ。
ヴァールを抑えこみ風をつかまえてキースと互角の戦いを繰り広げる。
けれど、キースが一枚上手だった。
極限状態で風が見えた、というほんの少しの隙も影響したのでしょうかね。

メッサーはキースによって殺されてしまった。
そうなるだろうという感じがすごくあったけども、
どうにかしてほしかった、というところでね。
空を飛べないことを不満に思うにしても、
何をするにしても生きてないと意味のないことだから。

身近な仲間の死はそれぞれにどういう影響を与えることになるのでしょうかね。
というか、まだ空中騎士団の脅威は去ってないわけで、
どう切り抜けるんだろう?

最後に歌が流れてる展開ならエンディングへの繋ぎ方は
もうちょっとスムーズにしてほしかったかなぁ?

ハヤテ・インメルマン:内田雄馬
フレイア・ヴィオン:鈴木みのり
ミラージュ・ファリーナ・ジーナス:瀬戸麻沙美
美雲・ギンヌメール:小清水亜美
カナメ・バッカニア:安野希世乃
レイナ・プラウラー:東山奈央
マキナ・中島:西田望見
アラド・メルダース:森川智之
メッサー・イーレフェルト:内山昂輝
チャック・マスタング:川田紳司
アーネスト・ジョンソン:石塚運昇
ロイド・ブレーム:石川界人
キース・エアロ・ウィンダミア:木村良平
ボーグ・コンファールト:KENN
ヘルマン・クロース:遠藤大智
カシム・エーベルハルト:拝真之介
テオ・ユッシラ/ザオ・ユッシラ:峰岸佳
グラミア6世:てらそままさき
ハインツ2世:寺崎裕香

トラックバック

TB*URL

マクロスΔ 第10話「閃光のAXIA」

マクロスΔの第10話を見ました。 第10話 閃光のAXIA ラグナ星は年に一度のクラゲ祭りの時期で賑わっており、小隊もワルキューレも戦争の緊張を忘れて束の間の一時を楽しんでいた。 ラグナの海神様を称えるクラゲ祭りでは、お祭りの夜にクラゲの下で愛を誓い合った恋人同士が永遠に結ばれる伝説があるという。 メッサーの転属先も決まる中、レイナとマキナの恋話にハヤテとフレイア、ミ...

俺の命を救ってくれた歌/マクロスΔ10話感想

 救われた「命」とは。

マクロスΔ10話「閃光のAXIA」

・ウィンダミアに イプシロン財団のベルがーという人物が現れた。 「財団」はケイオスの商売敵になるのかな? ・イプシロン財団は 風の歌増幅装置を国王に売りつけるためにやってきた模様。 ハインツの体のことを気遣うロイドだが、グラミア6世は了承。 イプシロン財団はギャラクシーの意志体同様裏で戦争を操作する黒幕? ・ラグナでは クラゲ祭りが開催されるとのことで裸喰娘々も屋台を...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad