edit

ラヴソング #09

『わたしが最後にしたい事…』
さくらの喉のことを聞き、彼女の姿を見て考えを変えた広平。
シェリルの仕事を断ってさくらのための曲を作ることにした。
どうなるかわからない残された1ヶ月を彼女のために。

そんな広平の姿が面白かったようで、シェリルは曲ができたら、
という約束だったInstagramのレコメンドを先にしてくれたみたいですね。

さくらの歌声がラジオで流れるようになったりも。
そのラジオを偶然聞いた空一は広平に曲作りを頼みに走った。
一度は無視をした。
でも、さくらの本当の願いを叶えさせるために。

空一を立ててさくらには黙ってたわけですが、
空一が頭を下げに来たことで、さくらにもう一度確認へ。
一緒に作りたい歌を作ろう、と。

ということで、出来たのが主題歌の曲、ということになるようですね。

旦那経由で知ったさくらの病気。
真美は怒っていたわけですけど、空一に色々と言われ一度引いた。
けれど、今度は本人に、というのは演技だったようで。
さくらのために結婚式を早めたんだそうな。

さてはて次回で最終回。

神代広平:福山雅治
佐野さくら:藤原さくら
天野空一:菅田将暉
中村真美:夏帆
渡辺涼子:山口紗弥加
滝川文雄:木下ほうか
星田和夫:渋川清彦
野村健太:駿河太郎
増村泰造:田中哲司
湯浅志津子:由紀さおり
笹裕司:宇崎竜童
宍戸夏希:水野美紀

トラックバック

TB*URL

ラヴソング「わたしが最後にしたい事…」

きっと、本来は、天賦の歌声をもつ佐野さくら(藤原さくら)のサクセス・ストーリーと、あわよくば、リンクして神代広平(福山雅治)の再生物語を描きたかったのかな? と思われるのですが、 喉の病気、で「声を失うかも」「命の危険さえ?!」要素が入り、完全に病気モノになってしまいましたね。 でも、俳優力で、天野空一(菅田将暉)と真美(夏帆)がいい味だしてました。 基本的に、ルームシェア...

ラヴソング〜第9話★声が残る可能性は10%

ラヴソング〜第9話 第9話の視聴率は、前回から持ち直して8.0% 8.0%と言えば充分に低い数字だけど、なんだか高視聴率をカウントしたような気になるから推して知るべしであります。 現に、全話平均で月9史上最低視聴率(全10話で9.71%)に終わった『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』をも下回るペースだから決して喜んでは居られない低空飛行。 第1話 10.6%→第...

ラヴソング 第9話

神代(福山雅治)は、とにかく売れる曲を作るように要求するシェリル(レオラ)に、交換条件として、さくら(藤原さくら)がインターネット配信している曲を会員制交流サイト(SNS)で紹介してほしいと頼みます。 するとシェリルは、自分が満足出来る曲を神代が作れたらと約束します。 打ち合わせを終えた神代はライブハウスへ急ぎますが、既にさくらのライブは終わっていました。 夏希(水野美紀)...

ラヴソング 第9話

「わたしが最後にしたい事…」内容さくら(藤原さくら)の単独のライブは、成功で終わる。だが、神代(福山雅治)は、やって来なかった。 そのころ、神代は、シェリルとの打ち合わせで、曲作りの条件として、さくらの曲を薦めて欲しいと告げる。 その後、慌てて、...

つらい日々の終わり(福山雅治)どうか私と(藤原さくら)消された希望を見つけた僕はなかったことにしようとしたが無理だった(菅田将暉)明日は誰にもわからない(夏帆)

「Soup」は英語である。 日本語の「スープ」は西洋料理の「汁物」を指すという見解があるが・・・それには異論もあるだろう。 たとえば・・・「カレー」はスープではないのだろうか。 「カレー・スープ」はカレー味のスープらしいが・・・どろっとしていたり、具が入っていたらスープでないとしたらコーン・スープの

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.