edit

お迎えデス。 #07

『家族の絆…血が繋がらなくても俺達は親子だ!』
今回は円の家の話。
お父さんが倒れたことで家族のことをもう一度考えるきっかけに。

というわけで、お父さんも幽体離脱してしまったわけですが、
こちらは幸とは違って明らかに命が危うい状況。
でも、そんな中で目の前にやってきたのはさやかの実の母親だった。
お父さんのところに来ていたりもしたわけですが、
お父さんはさやかに合わせることなく追い返していたんですね。

で、倒れてる中でお母さんが対応したわけですけど、
本人に聞いてみてほしいと言われたら、そうするしかないわなぁ。
自分の娘だと思っていたとしても、選択するのは娘本人ですからね。

でも、何の心配もいらなかったみたいですね。
さやかが生みの母に会おうと決めたのは確かめるため。
今の家族が自分の家族だと。

ていうか、あれで娘が自分のところに来てくれると本気で思ってたのかね?

そして、円の家族の姿に幸も言葉で伝えようと考えた。
それにお母さんはしっかりと応えてくれてましたね。

次回、千里が成仏へ?

堤円:福士蒼汰
阿熊幸:土屋太鳳
ナベシマ:鈴木亮平
緒川千里:門脇麦
ゆずこ:濱田ここね
シノザキ:野間口徹
加藤孝志:森永悠希
堤さやか:大友花恋
マツモト:根岸拓哉
魔百合:比留川游
真奈美:松川星
佳織:小林璃央
堤由美子:石野真子
堤郁夫:大杉漣

トラックバック

TB*URL

お迎えデス。 (第7話・2016/6/4) 感想

日本テレビ系・土曜ドラマ『お迎えデス。』(公式) 第7話『家族の絆…血が繋がらなくても俺達は親子だ!』の感想。 なお、原作:田中メカ「お迎えです。」は未読。 円(福士蒼汰)の家では、女物のハンカチが原因で、由美子(石野真子)が郁夫(大杉漣)の浮気を疑い、そこにさやか(大友花恋)も加わりもめていた。そんな中、郁夫が突然倒れてしまう。幸(土屋太鳳)と同じ病院...

お迎えデス。「家族の絆…血が繋がらなくても俺達は親子だ!」

今回は、円(福士蒼汰)の家庭のエピソード 父・郁夫(大杉漣)が女物のハンカチを持っていて、母・由美子(石野真子)が浮気を疑って、じれじれ。娘のさやか(大友花恋)に追及された直後、郁夫は倒れ、意識不明に。 実は、さやかの実母・清美(山下容莉枝)が郁夫に接近してきたのでした。 親子の、ちょっと心温まる話としてはヨカッタのですが、 病衣で入院中、偶然、幽体離脱できるようにな...

お迎えデス。 第7話

「家族の絆…血が繋がらなくても俺達は親子だ!」内容幽体離脱が出来るようになった幸(土屋太鳳)にシノザキ(野間口徹)とマツモト(根岸拓哉)は、仲間にならないかと。魔百合と組めば良いという。 そのころ、円(福士蒼汰)は、千里(門脇麦)から母・由美子(...

そして彼女の心は僕とひとつになった(福士蒼汰)私の好きなピンクのウサギちゃん(土屋太鳳)白銀の糸を断たれて(門脇麦)

人が死んでいる。 その人に呼びかけても答えない。 その人の息吹はない。 その人の心臓は動かない。 死体を前に人はいつか・・・自分がそうなることに慄き・・・あるいは陶酔する。 その時、自分が消えてしまうことを受け入れられない人は・・・死後の生に思いを馳せる。 誕生の時に・・・母と胎児を繋ぐ臍帯が切断さ

お迎えデス。 第7話

幸(土屋太鳳)は幽体離脱する能力を手に入れます。 それを知ったシノザキ(野間口徹)とマツモト(根岸拓哉)は、仲間にならないかと幸を誘います。 魔百合(比留川游)とペアで仕事をさせようと目論んでいるようですが、幸はきっぱりと断っていましたw 一方、円(福士蒼汰)は千里(門脇麦)から、由美子(石野真子)の様子が変だと聞かされます。 円が由美子の様子を見に行くと、彼女は...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad