edit

ラヴソング #08

『君とキスをした夜』
さくらは自分でどうするか決めて、
その前にしたいことをと動いたわけですけど。

広平は空回りしてるよなぁ。
どう考えても意味がないことしてるよな、と。
レコード会社のやる気の無さがね。
さくらのことをと自分に言い聞かせてるだけなんじゃなかろうか?
実際は自分が返り咲くためでしかないんじゃない?

さくらが一人で動いたことの方がさくらにとって意味があることになるみたいですね。

何か微妙になってきたなぁ。

神代広平:福山雅治
佐野さくら:藤原さくら
天野空一:菅田将暉
中村真美:夏帆
渡辺涼子:山口紗弥加
滝川文雄:木下ほうか
星田和夫:渋川清彦
野村健太:駿河太郎
増村泰造:田中哲司
湯浅志津子:由紀さおり
笹裕司:宇崎竜童
宍戸夏希:水野美紀

トラックバック

TB*URL

今も昔の恋の中(福山雅治)悲しくなるのを抑えてライブ中(藤原さくら)

「恋」に障害はつきものである。 フィクションで「障害」をどう作るかは脚本家の腕の見せ所と言っても良い。 一般的に「年の差」は「障害」の一種であると言ってもいいだろう。 もちろん・・・愛があれば年の差なんて・・・という考え方も一般的なのである。 主人公を演じる福山雅治は実年齢が47歳である。 ヒロイン

ラヴソング (第8話・2016/5/30) 感想

フジテレビ系・月9『ラヴソング』(公式) 第8話『君とキスをした夜』の感想。 トップアーティスト・シェリル(Leola)の楽曲を制作することになった神代(福山雅治)だが、楽曲の方向性に関する指定が曖昧で拍子抜けする。そのころ、さくら(藤原さくら)は増村(田中哲司)に言われ、喉の精密検査を受けていた。一方、真美(夏帆)がさくらと暮らす部屋を出る日が近づき...

ラヴソング「君とキスをした夜」

思いっきり物語が迷走してますね。 せめて、佐野さくら(藤原さくら)の曲だけは、存分に聴きたかったのにナ… さくら、精密検査の結果、喉の病気が、声を失う可能性のある重篤なものであり、健気に隠して、その前までに、自主的にコンサートを開く決心をしたり、 ルームシャアしてた、中村真美(夏帆)が結婚の為、引っ越して行き、ガランとした部屋に取り残されたり、 神代広平(福山雅治)は...

ラヴソング 第8話

第8話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

ラヴソング〜第8話★海辺で・・・

ラヴソング〜第8話 第8話の視聴率は、前回からちょっと持ち直して7.4% しかしまだ、全話平均で月9史上最低視聴率(全10話で9.71%)に終わった『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』をも下回るペースだから決して喜んでは居られない低空飛行。 第1話 10.6%→第2話 9.1%→第3話 9.4%→第4話 8.5%→第5話 8.4%→第6話 6.8%→第7話 6.8%→...

ラヴソング 第8話

神代(福山雅治)は、シェリル(レオラ)への楽曲提供の相談を、弦巻(大谷亮平)たちレコード会社のスタッフと始めます。 しかし、相手側はすごく態度悪いですね・・・ 肝心のシェリルは多忙とのことで顔も出さないし・・・ 一方、さくら(藤原さくら)は、増村(田中哲司)から喉の精密検査の必要を告げられていました。 そんな中、真美(夏帆)は、空一(菅田将暉)に手伝ってもらっ...

ラヴソング 第8話

「君とキスをした夜」 内容弦巻(大谷亮平)と楽曲提供の話が進む、神代(福山雅治)スタッフとの打ち合わせをはじめる。 そのころ、増村(田中哲司)にのどを診てもらったさくら(藤原さくら)は、精密検査が必要だと知る。 そんななか、神代は、増村から、さくらの病...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad