edit

僕のヤバイ妻 #06

『妻が離婚に応じた時夫殺しの罠が始まる』
今回すごく退屈だったんだけども。

木暮は真理亜の元家庭教師だったんですね。
過去になんかしらあって会うのを禁止されていたようですが、
会い続けていたらしい。

誰もが想像で話してるからどれが真実なのやらね。
でもって、それぞれが本心を話してるとも思えないですしね。
ただ一人だけ、幸平だけが馬鹿正直というか、馬鹿というか、
そんな感じでしたね。

和樹はやっぱりレンタル彼氏的な感じでレンタル夫をしていたみたいですね。
本業は便利屋で、今は日銭を稼いでいる状況。
有希の支払いが遅れているために。
そんな中で舞い込んできた二億円の話。
杏南と手を組もうとしてるわけですが、どうするつもりなのやらね。

で、夫婦での殺し合いへ

望月幸平:伊藤英明
望月真理亜:木村佳乃
北里杏南:相武紗季
矢吹豊:浅香航大
緒方彰吾:眞島秀和
鯨井有希:キムラ緑子
木暮久雄:佐々木蔵之介
鯨井和樹:高橋一生
相馬誠一郎:佐藤隆太
横路正道:宮迫博之

トラックバック

TB*URL

【僕のヤバイ妻】第6話 感想

もともと幸平と一生添い遂げたかったわけじゃない。 始まりは7年前だ。 奨学金で何とか大学を卒業し、研究職に就いた私が出会ったのが…。 社長令嬢として広報部で働いていたあの女だった。 きれいで金持ち。 生まれながらに幸せが決まっている。 そんな女が私は死ぬほど嫌いだった。 もちろんカフェの経営は魅力的だったし、幸平自身にも好感が持てた。 だが違う。 一番の...

僕のヤバイ妻「妻が離婚に応じた時夫殺しの罠が始まる」

なにやら、和樹(高橋一生)は、実は便利屋、というか、レンタル夫で、杏南(相武紗季)を「君だよね、緒方彰吾(眞島秀和)を殺したの」と脅迫したり、睡眠薬入り、ワインで眠らせ、彼女の自宅に運び、玄関先でキスしたり (それを、目撃されて、写真を撮られ、それが、契約者の有希(キムラ緑子)に渡ろうとは!) 杏南が、眠ってる間に、スマホの指紋認証を解除して、ラインでなりすましたり、クセモノぶり...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad