edit

ラヴソング #07

『溢れ出す想い…涙の告白』
広平が春乃のために作った曲をさくらとの曲に使った理由。
春乃が死んで自分は音楽に関わっちゃいけないんだと思っていた。
でも、さくらと出会ってもう一度音楽と関わろうと思えた。
春乃が出会わせてくれて、そう思わせてくれたんじゃないか。
だから、この曲を使ったんだと。

ただ、さくらの想いに広平は答えなかった。
音楽を一緒にやりたいと思っている、とだけ。

有名なアーティストの曲作りを弦巻から頼まれたわけですが、
広平はさくらとの契約を優先させようとした。
それでも弦巻は諦めず、さくらに言ってもらえないかと話をしたりも。
それはズルいよなぁ。
新しい才能に出会えた、とか言いつつも結局はさくらは見てない口だけってことですよねぇ。
自分は邪魔ですよね、とさくらが言っても否定すらしないというね。
広平はどうするのかねぇ。

空一は何がしたいのか^^;
結局、さくらなんですよね。

ていうか、さくらの喉についてはどうなのかなぁ?と思わなくもなかったけど、どうなるのやら。

神代広平:福山雅治
佐野さくら:藤原さくら
天野空一:菅田将暉
中村真美:夏帆
渡辺涼子:山口紗弥加
滝川文雄:木下ほうか
星田和夫:渋川清彦
野村健太:駿河太郎
増村泰造:田中哲司
湯浅志津子:由紀さおり
笹裕司:宇崎竜童
宍戸夏希:水野美紀

トラックバック

TB*URL

ラヴソング (第7話・2016/5/23) 感想

フジテレビ系・月9『ラヴソング』(公式) 第7話『溢れ出す想い…涙の告白』の感想。 神代(福山雅治)がさくら(藤原さくら)のデモテープ用に作った楽曲を聴いた夏希(水野美紀)は、それが20年前のある曲をアレンジしたものと気付き、複雑な思いを抱く。だが、他の友人らは高く評価し、神代の才能を再認識。弦巻(大谷亮平)は、自身のレコード会社所属の看板アーティスト...

愛と知っていたのに(福山雅治)血まみれのハイヒール(藤原さくら)やったんじゃろ(夏帆)内緒にしてください(菅田将暉)

2016年春ドラマは空前の童貞ブームである。 (火)の「重版出来!」の新人漫画家・中田伯(永山絢斗)はなにしろマンガばかり描いているので童貞だ。 (水)の「世界一難しい恋」の主人公・鮫島零治(大野智)は恋愛経験ゼロである。 (木)の「グッドパートナー 無敵の弁護士」の熱海(賀来賢人)も赤星(山崎育三

ラヴソング 第7話

第7話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

ラヴソング 第7話

神代(福山雅治)がさくら(藤原さくら)に作った曲は、かつて神代が夏希(水野美紀)の亡き姉・春乃(新山詩織)に用意した曲をアレンジしたものでした。 それに気付いた夏希に、わだかまりが生まれます。 さくらのレコーディングは順調に進み、笹(宇崎竜童)のライブハウスで新曲のお披露目会が開かれることになります。 レコード会社の弦巻(大谷亮平)は「20年近く音楽から離れていたのに良...

ラヴソング〜第7話★視聴率ワーストタイ6.8%

ラヴソング〜第7話 第7話も、前回とちょうど同じ視聴率6.8%で、月9史上ワーストタイ記録。 第1話 10.6%→第2話 9.1%→第3話 9.4%→第4話 8.5%→第5話 8.4%→第6話 6.8% 全話平均で月9史上最低視聴率に終わった『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』をも下回るペース。 視聴率回復の見込みは立たず、福山雅治を起用しながら月9史上最低視聴...

ラヴソング 第7話

「溢れ出す想い…涙の告白」 内容神代(福山雅治)がさくら(藤原さくら)に作った曲を聴いた夏希(水野美紀)は、驚きを隠せなかった。それは、かつて亡き姉のために作った曲と同じだった。そのことを神代に尋ねると、神代もアッサリと認める。 その後、レコーデ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad