edit

甲鉄城のカバネリ #06

『集う光』
無名の過去が少し描かれたりしてましたね。
カバネに襲われた中で侍に母を殺された。
そして、その銃口は無名にも。
けれど、誰かに助けられた。
それは兄様と呼んでる人と同じ人なのかな?
無名に助けを求めていた仲間を殺した人も同じなのかな?

瓦礫に挟まって動けない無名。
生駒は彼女を助けるために迫るカバネに相対する。

そんな中で甲鉄城は逃げようとしていた。
避難線に逃げ込んだ時に黒煙りがバラバラになった今なら無理矢理通れるんじゃないか、と。
けれど、黒煙りをなんとかする方法と生駒たちを助けることを選んだ。

無名は吉備土たちに助けられる。
そして、彼女は生駒を探す。
多くのカバネが倒れている中心に彼はいた。

何で弱いのに自分たちは生きているのか。
諦めていた無名は生駒の姿に迷いが消えたみたいですね。

ということで、黒煙りと相対する。
無名は黒煙りを融合群体と呼んでいた。
心臓となるカバネを止めれば止まる、と。

甲鉄城につけられた砲塔で心臓をむき出しにして無名が叩く。
引き寄せて、ということだったのに加速する必要ってあったのかね?^^;
次弾装填の準備のためにってことだったのかな?

黒煙りの心臓はあれは無名のかつての仲間だったってことでいいのかな?
ほんの一瞬、迷いがあったようですけど、すぐに吹っ切っていた感じですね。

さてはて、甲鉄城の人たちが一つになった感じの場面もあったりでよかったですね。
前半がもうちょっと何かほしかったですが。

生駒:畠中祐
無名:千本木彩花
菖蒲:内田真礼
来栖:増田俊樹
逞生:梶裕貴
鰍:沖佳苗
侑那:伊瀬茉莉也
巣刈:逢坂良太
吉備土:佐藤健輔
美馬:宮野真守

トラックバック

TB*URL

甲鉄城のカバネリ 第6話 『集う光』 圧力制限を開放します!→服を脱ぐ!そこにあったのは...。

マッチョボディだった。開放つって侑那が脱ぐ!そして脱いだら違う意味で凄かった!!この二段構えにやられた。  今回は生駒たちよりもサブキャラ、侑那、逞生、巣刈そして来栖の活躍が目立ちましたね。あと文句ばかり言ってたおっさん、今回初めて役に立ったんじゃないの。  無名の弱点。強いけど時間制限がある。でもカラダが光った後どうなるかが分からなかった。カバネになる、やっぱそうなのね...

【甲鉄城のカバネリ】 第6話『集う光』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第6話『集う光』 感想(画像付) カバネリの集合体・黒けぶり相手の死闘! 生駒たちも団結して戦うのが良かった。 まさに集う光だねw 無名ちゃんのとどめのシーンが凛々しい♪ デレた無名ちゃんも可愛いよw 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

甲鉄城のカバネリ 第6話 集う光

どうやって黒けぶりを倒すのか・・・・・!

甲鉄城のカバネリ 第6話「集う光」感想

黒けぶりに襲われ車庫に避難する甲鉄城。 立ちはだかる巨大なカバネに、菖蒲達はこのまま進むべきか葛藤。 一方その頃、谷底へと落ちた生駒は坑道で瓦礫の下敷きになった無名を救い出そうと悪戦苦闘を繰り広げていた。 甲鉄城の皆に迷惑をかけてしまった事を悔いながらも、必死に無名を助けようとする生駒。 しかし、強くある事にこだわる無名は生駒の助けを突っぱねる。 ...

甲鉄城のカバネリ 第六話 「集う光」

甲鉄城のカバネリ 第六話 「集う光」です。 『甲鉄城のカバネリ』でが、このアニメ

甲鉄城のカバネリ #06 「集う光」

== 弱さを知って、強さを得る ==  どうも、管理人です。そろそろ日付が迫ってきたということで、一応ここで告知をば。来週の更新ですが、週末にかけて家を空けることになってまして、その関係上おそらく通常更新が難しいかと。とりあえず、現状の予定としましては、ちょっと日付をずらしたり、合同で書いたりという形でどうにか書きたいとは思ってますので、一応そのつもりで。というか、もう来週なのに、当日の集...

甲鉄城のカバネリ 第6話 「集う光」 感想

無名の過去の詳細がとても気になりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.