edit

マクロスΔ #05

『月光 ダンシング』
ウィンダミアによる新統合政府への宣戦布告。
新統合政府が手を差し伸べるフリをして結んだ不平等な条約から
自由を手にするための戦い。
その時にアラドやアーネストも独立戦争時に戦争に参加していたみたいですね。
先代の白騎士とはともに空を飛んでいたらしい。
で、ウィンダミアの星はハインツの力で血を流さずに解放。

そんな中で疑いの目が向けられるのがウィンダミア人のフレイア。
スパイなんじゃないか、と。
明るく振舞っているもののルンへの気持ちは隠せない。
ハヤテは元気のない彼女を空へと連れて行った。

フレイアの歌がハヤテに力を与え、彼のダンスがフレイアに元気を。
ただまぁ、途中でメッサーが止めに入りましたけどね。
勝手に機体を持ちだしたために。
ミラージュに監督責任がどうとか責めたり、
フレイアがどうと、ハヤテに直接責任をという形をとらなかった。
そのことがハヤテに火をつけて、ケイオスに残ることを決めた。

戦争で自由に空が飛べないのなら、自分がそれを終わらせる、と。

ミラージュは第1作目のマクロスでエースパイロットとして活躍していた二人の孫にあたるんですね。
そういう家系のプレッシャーというのは大きいのでしょうね。
真面目すぎるのも家系に恥じない、というところから来てんでしょうかね?

さてはて、ウィンダミアとの戦争はどうなっていくのやら。

ハヤテ・インメルマン:内田雄馬
フレイア・ヴィオン:鈴木みのり
ミラージュ・ファリーナ・ジーナス:瀬戸麻沙美
美雲・ギンヌメール:小清水亜美
カナメ・バッカニア:安野希世乃
レイナ・プラウラー:東山奈央
マキナ・中島:西田望見
アラド・メルダース:森川智之
メッサー・イーレフェルト:内山昂輝
チャック・マスタング:川田紳司
アーネスト・ジョンソン:石塚運昇
ロイド・ブレーム:石川界人
キース・エアロ・ウィンダミア:木村良平
ボーグ・コンファールト:KENN
ヘルマン・クロース:遠藤大智
カシム・エーベルハルト:拝真之介
テオ・ユッシラ/ザオ・ユッシラ:峰岸佳
グラミア6世:てらそままさき
ハインツ2世:寺崎裕香

トラックバック

TB*URL

マクロスΔ 第5話「月光 ダンシング」

マクロスΔの第5話を見ました。 第5話 月光 ダンシング 伝説の「風の歌い手」の力でヴァール達を自在に操る空中騎士団の勢いは圧倒的で瞬く間に二つの星を陥落してしまった。 ウィンダミア出身のフレイアは敵のスパイではないかと疑われてしまい、いつにも増して気丈に明るく振舞っていたが、無理をしているのは誰の目にも明らかであった。 「無理してんじゃねえか。角、青いまんまだぞ。嘘...

マクロスΔ マクロスデルタ  Mission 05 月光 ダンシング

マクロスお約束の・・・!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad