edit

甲鉄城のカバネリ #02

『明けぬ夜』
甲鉄城までの道を一人で切り開いた無名。
多くの人は彼女が囮になることで甲鉄城に辿り着いた。

一方、カバネを殺しカバネにならなかった生駒は逞生と合流して甲鉄城へ。
逞生は最初信じられない感じでしたけど、生駒の話しぶりに彼の言葉を信じたみたいですね。
が、甲鉄城に乗ってからカバネを再び殺した時に心臓は光りだした。
脳へウイルスが回らなければ大丈夫じゃないのか。
カバネになってしまったのか。
生駒自身もわからないままに彼は来栖によって甲鉄城からはじき出されることに。

けれど、生駒は立ち上がる。
甲鉄城が跳ね橋を下ろせないでいるところに現れて。
自分たちが見放した男が自分たちを助ける姿を見ろ、と。
一生そのことを抱えて生きていけ。
そうは思ったものの、やっぱり死ぬのは怖かったみたいですね。
そんな生駒を逞生が助けようとしたが生駒は動かなかった。
が、無名がそれを無理矢理引き上げることに。

無名もまた人でもカバネでもない者だった。
そして、彼女は自分や生駒をカバネリと名乗った。
人とカバネの間にいるものとして。

カバネリというのはどういうことなのやらね。

生駒:畠中祐
無名:千本木彩花
菖蒲:内田真礼
来栖:増田俊樹
逞生:梶裕貴
鰍:沖佳苗
侑那:伊瀬茉莉也
巣刈:逢坂良太
吉備土:佐藤健輔
美馬:宮野真守

トラックバック

TB*URL

【甲鉄城のカバネリ】 第2話『明けぬ夜』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第2話『明けぬ夜』 感想(画像付) 一瞬たりとも見逃せない無名ちゃん100秒の戦い!! 2話目もすごい完成度の活劇ですね。 人間を止めてしまった生駒もカバネリと化す…? 無名ちゃんの無双な戦闘力もカバネリの力ってことなのか。 ますますバイオハザードみたいになってきたw カバネももしかして生物兵器が外に出てしまって広まったのかもね。 以下、感想は...

甲鉄城のカバネリ 第2話 『明けぬ夜』 強くて可愛い無名に相変わらず熱い生駒...武士ども良いところなし。

俺は踏みとどまった!でもそんな生駒をみんなが受け入れてくれるのか。そう思ったらやっぱり大変な目に遭いましたね。  カバネにならずカバネの力を手に入れた言わばデビルマン生駒。そして嬉しさのあまり巧にツラヌキ筒を自慢する。じゃあお前は無事…。いやカバネに噛まれた。正直過ぎるのも考えもの。巧ちょっと引き気味です。 無名の戦闘服キタ!そして戦闘シーン動きまくり。武士道もがカバ...

甲鉄城のカバネリ 第2話 明けぬ夜

無名ちゃん無双すぎぃいい!

甲鉄城のカバネリ 第二話 「明けぬ夜」

甲鉄城のカバネリ 第二話 「明けぬ夜」です。 地震による特別番組で、一週休みが入

甲鉄城のカバネリ #02 「明けぬ夜」

== 人でもカバネでも ==  どうも、管理人です。ちょっと色々と立て込んでたり、疲れ果てて死んでたりで、大分溜りまくっててやばいのですけど、ひとまず今日はどうにか更新。ここのところ、本当嫌やわ…。 === 無名:「違うよ、そいつはカバネじゃない」 ===  今回の話は、甲鉄城による脱出戦を描いた話。やっぱりこの手の作品って動いてナンボというところがありますけど、このクオリティ...

甲鉄城のカバネリ 第2話 「明けぬ夜」 感想

生駒はもう人間には戻れないのか…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad