edit

実は私は 16巻

実は私は(16)/増田英二(著)週刊少年チャンピオンにて連載中の増田英二さんの「実は私は」第16巻。

今回はさくらさんの大事な勝負。
表紙の明里が可愛いですね。
ただまぁ、カバーをめくったら案の定ですが^^;

というわけで、体育祭でのさくらさんの告白を朝陽たちが支えることに。
途中、力を求めるあまり自分を見失い、茜に惑わされそうになったわけですが、
朝陽が引き戻しましたね。
それが本当に見せたかった姿なのか、と。

そんなこんなで無事、さくらさんの想いは届くことに。
あの戻ってき方でどうしてバレないと思ったしw
キスは見えてないかもしれないけどね^^;

さくらさんは本当にいい出会いをしたんだろうねぇ。
明里と出会ったことをきっかけにして、多くの友達と出会えたりもしたわけですからね。
で、その友達の存在が今度は自分の恋を実らせてくれる。
幸せ者ですねぇ。

仲の良い兄妹。
というわけで、どちらも素直じゃないけど大事な存在なようで。
しかし、鬼龍院は紛らわしいね^^;
ていうか、一体何がしたいんだよ、という話でね。

特売品をめぐる戦い。
すっかり仲良くなった三人が協力するわけですが、
渚はもうちょっと隠れようよw

獅穂の戦い。
嶋でも空気が読めたとはねぇ。
ただまぁ、結果的には空気は読めてないと思うけどね^^;

関連記事
実は私は 11巻
実は私は 12巻
実は私は 13巻
実は私は 14巻
実は私は 15巻


実は私は(...

実は私は(...
著者:増田英二
価格:452円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad