edit

甲鉄城のカバネリ #01

『脅える屍』
なるほどね、と思ったのは監督が「進撃の巨人」の人だったことですね。
そこからの影響をちょっと受け過ぎじゃないかな?
と思わなくはなかった。

というわけで、いわゆるゾンビのカバネとの戦い。
シカバネから死を奪ったからカバネってことなんかな?

装甲を固めた蒸気機関車で各地を巡って物資を補給し、
人は駅という守られた場所で過ごす日々。
ただ、その駅も安全というわけではなく、廃駅が日々生まれてるようですね。

そんな中で臆病者になりたくない、カバネを殺すんだと気持ちを強く持ち続ける生駒。
かつて大切な人を奪われたことで、それを誓ったみたいですね。
同じことを繰り返さないための力を、ということでカバネの重要な場所である
心臓を撃ちぬくための武器を独自で作っていた。
ただ、鉛では撃ちぬけないほどに心臓は守られているらしく、
工夫を繰り返してようやく完成させた。
それを試すことになったのは実践。

安全だった駅にカバネに支配された蒸気機関車が突っ込むことに。
領主は早々に駅は捨てることを決断。
娘の菖蒲は父親ほど割り切れてないようですね。

で、カバネの首を両断する無名。
彼女は何者なのかな?
彼女のお兄さんもだけど。

そして、生駒はカバネの心臓を撃ちぬいたものの、彼は噛まれていた。
これはウイルス、脳を支配されなければ、と。
ということで、噛まれた部分を焼いたり、途中の部分で止めようとしたり、
最後は首をしめてとめようとした。
結果としては見事に成功したみたいですね。
にしても、一気に侵食部分が引いたのはどういうことなんだろう?
というか、これで生駒はどういうことになったのかな?

さてはて、どうなることやら?

生駒:畠中祐
無名:千本木彩花
菖蒲:内田真礼
来栖:増田俊樹
逞生:梶裕貴
鰍:沖佳苗
侑那:伊瀬茉莉也
巣刈:逢坂良太
吉備土:佐藤健輔
美馬:宮野真守

トラックバック

TB*URL

【甲鉄城のカバネリ】 第1話『脅える屍』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第1話『脅える屍』 感想(画像付) 劇場版みたいという前評判を裏切らない高画質! 時代劇 + スチームパンク + ゾンビ物、 欲張りな設定のハイブリッド作品ですね。 カバネリ相手に、ツラヌキ筒で戦えるのか? 続きが気になるオリジナル作品です。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

甲鉄城のカバネリ 第1話「脅える屍」感想

不死者『カバネ』の増殖により滅びつつあった『日ノ本』。 生き残った人々は駅の中に閉じこもり、外のカバネ達に怯えて暮らす日々を送っていた。 顕金駅で蒸気鍛冶をする『生駒』はカバネから隠れ、恐怖するだけの生活に憤りを募らせていた。 そんなある日、乗員がカバネと化した駿城の扶桑城が顕金駅に激突。 住民達は瞬く間にカバネの餌食となってゆく。 人々が逃げ惑う中、生駒は自らが作り出...

甲鉄城のカバネリ #01 「脅える屍」

== 守るべきは誇り ==  どうも、管理人です。今日は急に半休もらったので、青山でやってるきゆづきさとこ展に行ってきました。この辺ってあまり行ったことないなと思いながら、若干道に迷いつつどうにかたどり着いたのですが…よく見たら昔働いてた職場の近くだったというw さすがに知り合いにあることはまずないんですが、ちょっとビビりました。 === 生駒:「銃を向ける相手を間違ってる!」 ...

甲鉄城のカバネリ 第一話 「脅える屍」

甲鉄城のカバネリ 第一話 「脅える屍」です。 さて、恐らくこの春アニメのうちのブ

甲鉄城のカバネリ 第1話 脅える屍

カバネリ始まったぞぉおおお!!!

それだけは殺させないために【アニメ 甲鉄城のカバネリ #1】

甲鉄城のカバネリ 第1話 脅える屍 「今度こそ俺は… 俺の誇れる<俺>になるんだ―」 この尊厳だけは殺させない 和風スチームパンク 威風堂々の開幕!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad