edit

TOSHIBA EXCERIA microSDHC 32GB 購入

というわけで、久しぶりにmicroSDカードを購入しました。
今回は東芝のものを選びましたが、これは国内向けのものではなく、
並行輸入品になっています。
その代わり、かなり値段は安く32GBで770円という値段になっています。

前回購入したTranscendの2枚目がすぐに壊れてしまったことで、
今回は別のメーカーにしようとこれを選びましたが、
TOSHIBAとはいえ、安かろう悪かろうになるのかどうか。

さてはて、何故microSDカードを購入することになったのかと言うと、
Xperia Z3 Compactで使用しているもので、
SDカードがどうとかという通知が出たことがきっかけです。
どんな通知だったか忘れてしまったのですが、
抜けてます、的なものだった気がします。
ただ、SDカードを触ってないのでなんじゃこれ、となり、
電源を一度落としてSDカードを抜き差しし直して起動。
が、その後からSDカードへの書き込みが出来なくなった、という感じです。

でまぁ、今回購入した場所はAmazonですが、
初めてAmazonが発送しないものを購入しました。
メーカーが販売してるものをAmazonが発送している、というのはあるけれども、
販売、発送ともにAmazonではないところは初めてでしたので、若干不安になりながらでしたね。
ただ、支払い方法はAmazonと同じなので助かりますね。

購入したショップは嘉年華株式会社のjnhショップというところです。
クロネコヤマトのメール便で届いたのですが、
梱包方法がただの封筒という簡単すぎる形で怖かったですね^^;
中にプチプチは入ってましたけど、これは怖いなぁ、というところでした。

ということで、届いたものを使うための準備をする前に、
もう一度今のものを確認してみたら、何か普通に書き込みが出来たというね。
どういうこと^^;
ただまぁ、Z3Cで使ってるものは手元に残ってるもので一番古く、
Xperia arcに付属していたものを使いまわしています。
ということで、約5年使っていたものになりますね。
だからまぁ、十分使った方じゃないかと思うし、
一時とはいえおかしくなったのなら、壊れる前兆として考えてもいいだろうし、
と購入した理由を納得させてます。

不具合品を調べる方法として
レビューに「SD Formatter」というソフトを利用する方法が書かれていたので
さっそく試してみました。

ソフトの配布先はこちらから
SD Formatter 4.0(SD Association)

方法としては上書きフォーマットというものを使って行うらしい。
それをするとエラーセクタがあれば上手く出来ない
ということを利用した確認方法になるみたいですね。
Transcendを購入した時もこれを試していればよかったなぁ、と思いますね。
そこそこ時間はかかりますので別のことをしながら待ちましょう。

というわけで、結果としては不具合品ではなかったっぽいです。
後は長く使えるかどうかですね。
いい商品であればかなりコストパフォーマンスがいいですよね。

性能としては32GBで実際に利用できるのは28.9GB程度。
Class10のUHS-Iで読込速度は最大48MB/sとなっています。
ただまぁ、十分な測定結果を得るためのリーダライタがないので読込速度を確認できないです^^;

そんなこんなでいい買い物となるか、失敗したとなるか。
しばらくは様子見ですね。


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad