edit

家族ノカタチ #09

『あいつと一緒にいたい理由』
どうすればいいのか、わからない。
そんな中で大介は嘘の笑顔を浮かべることで周りにも自分にもごまかそうとした。
けれど、そんな大介と同じくらい心配する葉菜子がそのままにさせなかった。

ということで、高瀬からのアシストもあったりして大介は葉菜子に本当の気持ちを話すことが出来た。
そして、無理に笑顔を作らなくてもいいように。

突然、死ぬと言われてもそりゃどうしていいのかなんてわからんよなぁ。
そんな中で家族以外に自分の気持ちを吐き出せる相手がいる、というのは
幸せなことなんでしょうね。
ていうか、大介のことを心配してくれる人が本当にたくさんいましたよね。

高瀬は葉菜子が大介をどう感じているのかを気づかせたり、
大介には葉菜子がしてほしくないことだったり、苦手なことを教えたり。
自分が幸せにしたいと思っていたわけですけども、
葉菜子の幸せを本当に想うのなら身を引くべきだと感じるようになったようで。
若干後悔したりもしてましたけどね^^;
それでも葉菜子の背中を押したり。

そんなこんなで二人はただケンカをするだけの相手ではなくなった。

陽三さんとのこともひとまずは少し整理がついたようで。
どういう最後になるのかな。

永里大介:香取慎吾
熊谷葉菜子:上野樹里
田中莉奈:水原希子
佐々木彰一:荒川良々
入江春人:千葉雄大
山根さとり:柳原可奈子
永里浩太:高田彪我
梢あや:中村アン
澤喜伸:奥田達士
小山有香:永尾まりや
福田亜由美:小西キス
田中伸明:入江雅人
安藤智治:柴浩二
大野美佳:観月ありさ
高瀬和弥:田中圭
永里美佐代:浅茅陽子
シゲさん:森本レオ
永里恵:水野美紀
熊谷律子:風吹ジュン
永里陽三:西田敏行

トラックバック

TB*URL

「家族ノカタチ」おひとりさま家族の形9大介は陽三の終活と向き合うために葛藤しながらも葉菜子に受け止めてもらい最期までできる事をする事にした

「家族ノカタチ」第9話は突然末期がんと大介に告げた陽三に対して大介は返す言葉がなかった。そしてその場で聞いていたみんなも言葉を失い、恵はようやく一緒に暮らせるという矢 ...

家族ノカタチ (第9話・2016/3/13) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『家族ノカタチ』(公式) 第9話『あいつと一緒にいたい理由』の感想。 陽三(西田敏行)が大介(香取慎吾)らにがんで余命いくばくもないことを告白。そして、もう少しこのマンションに居させてほしいと大介に頭を下げる。大介はショックを受けながらも、笑顔で本心を隠して毎日を過ごし始める。そんな大介が気掛かりな葉菜子(上野樹里)は仕事中もぼんや...

家族ノカタチ「あいつと一緒にいたい理由」

大介(香取慎吾)のらが開発に関わった商品がベストデザイン賞に選出され、社内報で取り上げたいと、広報部の取材を受ける企画開発部の面々 だけど、大介の頭の中は、父・陽三(西田敏行)の送別会パーティーの最後。ポツリと「もうすぐ死ぬんだ」発言が渦を巻き、こじらせ体質な分、カラに閉じこもってしまいます 医師で陽三の旧友・シゲ(森本レオ)によると、かなり前から悪いのが分かってたみたいですね ...

家族ノカタチ 第9話

陽三(西田敏行)が肺がんで余命いくばくもない状況だと知った大介(香取慎吾)は、笑顔で誤魔化していますが、ショックは計り知れないです。 陽三の旧友で医者のシゲ(森本レオ)によると、進行性の肺がんで、がん細胞がもうあちらこちらに転移している状態だと言います。 夏まで生きられるかどうかわからないと言われて・・・ 葉菜子(上野樹里)や律子(風吹ジュン)が大介を気遣いますが、周囲との...

家族ノカタチ 第9話

「あいつと一緒にいたい理由」 内容大介(香取慎吾)の企画したノートとカッターナイフがベストデザイン賞に選出。しかし、どうしても、大喜びできずにいた。陽三(西田敏行)から、肺がんで余命幾ばくもないと知らされたのだ。葉菜子(上野樹里)律子(風吹ジュン)は、...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.