edit

ナオミとカナコ #09

『あなたが死ねば、都合がいいの』
達郎はこれまでにも別の女性に暴力を振るっていたんですね。
くそったれもいいところですね。
そんな達郎が出世したと知って、加奈子の前に付き合っていた女性が陽子を襲った。

とりあえずまぁ、陽子の言い分が全体的にイラッとするなぁ、と。

李社長から仲直りするように言われる直美ですが、
上手く出来ず。
でも、仲違いしてる時間はなかった。
真実へと陽子がたどり着き逃げるしかなくなった。

そして、お腹の赤ちゃんを一緒に育てる決意をした直美は
二人で逃げよう、と。

加奈子が妊娠しないようにしていたのは、
達郎との子を産みたくなかったから、
ではなくて、暴力を振るう父親をもたせたくなかったから。
だから、達郎がいないのなら、赤ちゃんを産むことに躊躇いはなかったようですね。

次回、最終回。
どういう結末になるのやら。

小田直美:広末涼子
服部加奈子:内田有紀
服部陽子:吉田羊
内藤伸吾:宮川一朗太
浅井信之:山路和弘
手塚快晴:犬飼貴丈
李朱美:高畑淳子
服部達郎/林竜輝:佐藤隆太

トラックバック

TB*URL

ナオミとカナコ「あなたが死ねば、都合がいいの」

加奈子(内田有紀)が林(佐藤隆太)を匿っていたと知った直美(広末涼子)は怒りのあまりパッチーン、アンド、「私がバカだった」とケータイの電話番号まで削除してしまいます 加奈子は、林竜輝(佐藤隆太)に別れを告げた、その頃、服部陽子(吉田羊)は、興信所の三枝(前川泰之)と、盗聴器からの情報からついに警察を動かし、マスターテープを見ます。 また、達郎は、それまでにつきあった女性にも暴力を...

ナオミとカナコ (第9話・2016/3/10) 感想

フジテレビ系・『ナオミとカナコ』(公式) 第9話『あなたが死ねば、都合がいいの』の感想。 なお、原作:奥田英朗「ナオミとカナコ」は既読(読書感想の記事)。 林(佐藤隆太)をかくまっていたのが加奈子(内田有紀)だと知った直美(広末涼子)は、思わぬ裏切りに激怒し、携帯電話から彼女の連絡先を削除する。翌日、林を呼び出した直美は、加奈子を苦しめるぐらいなら帰国す...

ナオミとカナコ 第9話

「あなたが死ねば、都合がいいの」 内容加奈子(内田有紀)が林(佐藤隆太)を匿っていたと知った直美(広末涼子)「信じられない。私がバカだった。」加奈子と決別を決意した直美。 涙する加奈子は、林に別れを告げ、その場を立ち去る。その夜、加奈子は、直美の携帯に...

ナオミとカナコ 第9話

逃亡と決めたならすぐに実行すればよかったのに朝まで待ってるなんて。変わらずハラハラさせるドラマだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.