edit

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #08

『好きです』
練は元の職場に戻ることに。
暖かく迎えてくれたようで。
雰囲気違いすぎません?
景気が良くなったのかね?

朝陽との関係はギスギスと。
練が戻ってきたからおかしくなった、じゃないでしょうにね。
少しずつずれ始めていて、決定的におかしくなったのは父親に見てもらえるようになったこと。
そこから嫌な人間になってると気づいてないこと、でしょうにね。

父親は朝陽の嘘に気づいてるわけですが、
それでも気持ちが強いだろうと音のことを認めてはいるみたい?

そんな中での練の誕生日に二人きり。
それを見てしまった朝陽。
どうするのやらね。

晴太はどうしたいのかね。
小夏が幸せになってほしいってところから来てんでしょうけど。
とりあえず、小夏に現実と向きあわせたかったようで、
それは上手くいった、ということなのかな?
あっさりしすぎな気がしないでもないけど。

杉原音:有村架純
曽田練:高良健吾
日向木穂子:高畑充希
井吹朝陽:西島隆弘
市村小夏:森川葵
中條晴太:坂口健太郎
神部正平:浦井健治
井吹和馬:福士誠治
加持登:森岡龍
船川玲美:永野芽郁
丸山明子:桜井ユキ
源大輔:我善導
西野美織:林田岬優
白井篤史:安田顕
林田知恵:大谷直子
曽田健二:田中泯
林田雅彦:柄本明
佐引穣次:高橋一生
柿谷嘉美:松田美由紀
井吹征二郎:小日向文世
仙道静恵:八千草薫

トラックバック

TB*URL

私もずっとあなたのことを考えていたの(有村架純)

恋するとは乞うことである。 私に愛をくださいと・・・乞うて乞うて乞いまくり・・・もらいは少ないのが普通だ。 映画「プリティ・ウーマン」(1990年)は「10億ドルで買収した会社を分割して売却する」企業転がしの実業家とハリウッドの売春婦の恋の物語である。 1990年度全米興行収入第1位を獲得した大ヒッ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう「好きです」

冒頭、先週と同じく、音(有村架純)と木穂子(高畑充希)のアパートでの会話。 木穂子の「恋愛は、衣食住(の順に進むよね。住になると結婚かな?)」説が新鮮で面白く、妙に納得。 そして、ついに言ってしまいました。サブタイトルじゃないけれど、練(高良健吾)が音に「好きです」と。 なんだか、深キョン・ドラマの方が月9っぽく、本家が、かぎりなく作家性に挑戦してるのが、興味深いなぁ、と思...

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう (第8話・2016/3/7) 感想

フジテレビ系・月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(公式) 第8話『好きです』の感想。 音(有村架純)の部屋に木穂子(高畑充希)がやって来る。そして、プロポーズされたら何も考えずにOKすべきだとアドバイスする。練(高良健吾)は小夏(森川葵)を連れて静恵(八千草薫)の家に身を寄せ、再び柿谷運送で働き始める。仕事帰りのバスで練と一緒になった音は、...

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第8話

 第8話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第8話

音(有村架純)のアパートに木穂子(高畑充希)がやって来ます。 木穂子は、恋人からプロポーズされるのを待っていると言い、プロポーズされたら何も考えないで受け入れなければいけない、と音にアドバイスをしていました。 練(高良健吾)は小夏(森川葵)を連れて、静恵(八千草薫)の家に身を寄せていました。 仕事も元の運送会社で働き始めます。 運送会社の社長・嘉美(松田美由紀)や...

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第8話

「好きです」 内容部屋にやって来た木穂子(高畑充希)から、恋人からのプロポーズは、即諾すべきだとアドバイスを受ける音(有村架純)。 そのころ、練(高良健吾)は、“仕事”を辞めて、小夏(森川葵)とともに静恵(八千草薫)のもとにいた。そして、再び...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.