edit

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #07

『明かされる真実 彼に何が起きたのか』
結局、小夏は何なの?
なんか自業自得でおかしくなったみたいですね。
それを晴太と練は互いに自分の責任だと感じてるみたいで。
晴太がまぁ、きっかけとなったのはなったみたいですけど、
こんな風にはしたくなかったみたいですね。

で、練とおじいさんのこと。
病気とはいえ怒りや憎しみをぶつけられ続けた最期だった。
その最期に別の一面を音との再会で知ることになる。
おじいさんは畑のことを忘れていなかった。
怒りや憎しみだけじゃなかったんじゃないか、と。
だから、練への気持ちもそうじゃなかったんじゃないか、と。

というわけで、音との再会で少しずつ気持ちに変化があったわけですが、
それをきっかけに仕事をやめることを決めた。
小夏がなんかするためのお金が必要になってくるけど、
どうすんのかね。

杉原音:有村架純
曽田練:高良健吾
日向木穂子:高畑充希
井吹朝陽:西島隆弘
市村小夏:森川葵
中條晴太:坂口健太郎
神部正平:浦井健治
井吹和馬:福士誠治
加持登:森岡龍
船川玲美:永野芽郁
丸山明子:桜井ユキ
源大輔:我善導
西野美織:林田岬優
白井篤史:安田顕
林田知恵:大谷直子
曽田健二:田中泯
林田雅彦:柄本明
佐引穣次:高橋一生
柿谷嘉美:松田美由紀
井吹征二郎:小日向文世
仙道静恵:八千草薫

トラックバック

TB*URL

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう (第7話・2016/2/29) 感想

フジテレビ系・月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(公式) 第7話『明かされる真実彼に何が起きたのか』の感想。 朝陽(西島隆弘)から突然、プロポーズされた音(有村架純)は戸惑う。さらに、結婚すれば今のようなきつい仕事をする必要はなくなるという言葉に、違和感を覚える。一方、音は佐引(高橋一生)から、練(高良健吾)の祖父が亡くなったと聞かされ、あ...

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう「明かされる真実彼に何が起きたのか」

かつて、ドラマのプロポーズ・シーン。甘美な音楽を背に、でも「指が拒否る」ってシーンがあったでしょうか。 ある意味、なんて斬新な?! 音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)の「家族になろうよ」な熱い想いに応えることが出来なかったのは、当然、練(高良健吾)が心に住み続けてたから、でした。 朝陽も切ない立場。でも、音から、連に会ったこと、「力になりたい」旨を伝えたら、「行っておいで」...

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第7話

音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)に後ろから抱きつかれてプロポーズされます。 しかし音は、朝陽が差し出した指輪を受け取ることが出来ませんでした・・・ 朝陽は、そんな音に、返事は今すぐでなくてもいい、と告げていました。 音は、帰ろうとしていた朝陽に、練(高良健吾)と会ったことを切り出します。 朝陽は、練には助けてもらったことがあるから力になってあげたい、と言う音の気持ち...

また逢いに行こうと思っているのだめならもう会わない(有村架純)

恋というのは恐ろしいものなのである。 揺れ動く主人公の心・・・。 不在の五年間があり・・・空白を埋めた優しい人がいる。 「あの人に逢って・・・また逢いに行こうと思っている」 「・・・」 「ダメなら言って・・・」 「ダメって言ったら」 「・・・もう会わない」 優しい人は敏感に悟る。 なぜ・・・主語がな

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第7話

「明かされる真実彼に何が起きたのか」 内容朝陽(西島隆弘)からプロポーズされた音(有村架純)だが指輪を受け取ることが出来なかった。それでも、幸せにすると告げ、帰ろうとする朝陽。そのとき音は、練(高良健吾)と会ったことを伝える。練に助けてもらったことがあ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.