edit

怪盗山猫 #07

『遂に決着!巨悪の正体を暴け!』
ウロボロスの黒幕は藤堂だった。
自分が救世主になるためにウロボロスという恐怖の対象を作ったらしい。
で、邪魔な存在を壊そうとしていたわけですが、
上手くいかず目的を変更してウロボロスを逮捕させた。

ただ、本当のウロボロスの幹部は別行動。
彼らは元警察官だったんですね。

そんなこんなで勝村がまた捕まったりもしたわけですが、
勝村の無罪は認められることに。
逃げたことも指名手配したこともあって、お咎め無しになったらしい。

で、藤堂は山猫によって真実が暴かれて失脚。
けれど、関本に連れられている途中で自殺。
ということですけど、関本は何を考えてるのでしょうかね。

山猫は細田が残した実家の工場の地下へ。
そこでユウキと再会することに。

怪盗山猫:亀梨和也
勝村英男:成宮寛貴
高杉真央:広瀬すず
霧島さくら:菜々緒
藤堂健一郎:北村有起哉
宝生里佳子:大塚寧々
関本修吾:佐々木蔵之介

トラックバック

TB*URL

怪盗 山猫「遂に決着!巨悪の正体を暴け!」

ますます、遊び心満載。まさか「間違い探し」に CM前の文字! あいかわらずハイ・テンションで独特の世界を展開させつつ、ディテールでも楽しませてくれます 殺人容疑のかかる勝村(成宮寛貴)を救った山猫(亀梨和也) 彼は、藤堂(北村有起哉)都知事こそが、ウロボロスの黒幕と確信 あと、関本(佐々木蔵之介)、関本、犬井(池内博之)、さくら(菜々緒)が縦横無尽。 でも、黒幕ぶり...

勧善懲悪的馬鹿になれ!(亀梨和也)都知事些少活躍(広瀬すず)

謎の黒幕・・・ユウキテンメイ・・・。 ユウキテンメイの切り札と呼ばれる殺し屋カメレオン。 二つの正体が謎である。 仮面劇のお約束の一つは・・・仮面の中身・・・素顔がすでに登場している人物のものである・・・ということだ。 もちろん・・・仮面の下は掟破りの大物ゲスト・・・という展開も一種のお約束である。

怪盗山猫 第7話

山猫(亀梨和也)は、殺人容疑でとらわれていた勝村(成宮寛貴)を救い出します。 犬井(池内博之)は、逃亡した勝村を必死で捜しますが、彼の狙いは勝村と一緒にいる山猫でした。 東京では、暴力団とアジアンマフィアの関係が悪化していました。 その裏には、武装組織ウロボロスが絡んでいました。 山猫は、ウロボロスの黒幕が都知事・藤堂(北村有起哉)だと断言しますが、関本(佐々木蔵之介...

怪盗山猫 第7話

「遂に決着!巨悪の正体を暴け!」 内容殺人の容疑をかけられた勝村(成宮寛貴)を救った山猫(亀梨和也)そして、皆で、ストレイキャットの2号店へと逃げ込む。同じ頃、犬井(池内博之)は、勝村を捜し回っていた。 山猫は、藤堂(北村有起哉)都知事こそが、ウロボロ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad