edit

フラジャイル #07

『迫るタイムリミット 明かされる医師の過去 花嫁の命を救え!!』
今回は副院長を相手にすることに。
医者のくだらないプライドのせいで患者さんが苦しむことに。

ガンではなくアメーバ赤痢だったんだそうな。
抗癌剤で苦しむ必要なんてなかった、ってことですよね?
マジでくそったれなプライドですね。

でまぁ、今回は岸先生が信念の折れてしまっていた高柴先生を再び立ち上がらせた。
ていうか、辞めさせられると決まったからこそ横暴なやり方をしそうな過去を持ってるのに、
何でそこでへっぴり腰になんの?
って感じでしたけどね。

そんなこんなで岸先生にまんまと乗せられた高柴先生は
最後に患者さんを救って去っていった。

技術が進歩したからこそ高柴先生みたいな先生が必要なんじゃないのんか?
と思えてならなかった。
その証拠に中熊先生が高柴先生の診断専門のクリニックを始めた時には
推薦文も送ったようですし、重要な存在だということなのでしょうね。

次回、診断ミス?

岸京一郎:長瀬智也
宮崎智尋:武井咲
森井久志:野村周平
細木まどか:小雪
中熊薫:北大路欣也

トラックバック

TB*URL

フラジャイル「迫るタイムリミット明される病理医の過去花嫁の命を救え!!」

なんと、ガンと診断されて抗癌剤治療使うばかりになってた患者が、よくよく調べてみると、アメーバ赤痢だったとは! それも、岸京一郎(長瀬智也)は、かつて世話になった定年間近の放射線診断医、高柴善太郎(志賀廣太郎)に宮崎智尋(武井咲)を預ける作戦によって、 最終的には担当医の「医師のプライドを捨てさせる」ことにより叶ったのでした。 宮崎、ますます、その新人ならではの、怖いものなし...

フラジャイル 第7話

第7話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

フラジャイル (第7話・2016/2/24) 感想

フジテレビ系・『フラジャイル』(公式) 第7話『迫るタイムリミット明される病理医の過去花嫁の命を救え!!』の感想。 なお、 原作・草水敏、恵三朗「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」は未読。 岸(長瀬智也)は、カンファレンスに宮崎(武井咲)を一人で出席させ、そこで放射線診断科のベテラン医師・高柴に会うよう仕向ける。宮崎は、岸とは対照的に穏便に自分の意見を...

フラジャイル 第7話

「迫るタイムリミット明される病理医の過去花嫁の命を救え!!」 内容かつて世話になった定年間近の放射線診断医の高柴善太郎(志賀廣太郎)に宮崎(武井咲)を預けることにした岸(志賀廣太郎)岸は、呼吸器外科のカンファレンスへと宮崎を出席させるのだった。 一方、佐...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad