edit

臨床犯罪学者 火村英生の推理 #06

『疑惑の女子大生からの挑戦状!?幽霊屋敷の超魔術トリックとは』
話引っ張っちゃうのなぁ。
まぁ、三つも事件が絡んでたらしょうがないのかね。

というわけで、貴島が持ち込んだ事件解決の依頼。
そこから始まった6年前の放火事件、2年前の殺人事件という二つの未解決事件が
関係者が殺されたことで動き出す。

エレベーターのトリックはわかりやすすぎるでしょうにね。
ていうか、そんなについた時に確認しないものかね?

途中からなんか推理ゲームちっくになったのはどうなんだろう?

とりあえず、一人が今回の事件の疑いは晴れたわけですけど、
他の事件の犯人でもないとは限らないですよね?

どういう結末になるのやら。

火村英生:斎藤工
有栖川有栖:窪田正孝
小野希:優香
貴島朱美:山本美月
八十田宗則:マキタスポーツ
坂下恵一:清水一希
松野貴子:堀口ひかる
渋谷千尋:松永渚
謎の少年:小野寺晃良
諸星沙奈江:長谷川京子
難波洋:松澤一之
鍋島久志:生瀬勝久
篠宮時絵:夏木マリ

トラックバック

TB*URL

臨床犯罪学者 火村英生の推理「疑惑の女子大生からの挑戦状!?幽霊屋敷の超魔術トリックとは」

火村(斎藤工)は、貴島朱美(山本美月)から捜査を頼まれ、2年前の女性ピアノ講師殺害事件の関係者が住んでいるマンションへと呼び出されます。 すれ違った香水の香りがする男。同じ香りを放つ、複数人物。 6年前の放火事件、2年前の殺人事件という二つの未解決事件と、謎のスクランブル状態になって、 エレベーター・トリックこそ解決しそうだったけれど、どう着地する?と思ってたら、やはり続き...

臨床犯罪学者 火村英生の推理 第6話

早朝、火村(斎藤工)を、あるマンションの806号室に呼び出そうとする謎の電話が掛かって来ます。 電話を取った時絵(夏木マリ)は、行かない方が良いと止めますが、一緒にいた有栖(窪田正孝)も同行することに。 火村は有栖と共に、マンションへ向かい、入ろうとした際に若い男性とすれ違います。 有栖は、その男性が付けていた香水が気になります。 806号室を探った火村と有栖は、朱美...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad