edit

ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ #06

『殺人犯の息子と父殺された娘 出会った2人の宿命』
焼死体は来宮の父親を殺した犯人。
この事件で来宮は自分の過去と向き合うこととなる。

向き合ってこなかった父親のこと。
そこから逃げようとしていた来宮ですが、
七課のメンバーに支えられ向き合うことを決めた。
そうして、知ることになったのは犯人の息子である菊池と
自分が兄妹になっていたかもしれない、ということだった。

一体、来宮の父親は何をしようとしてたんでしょうかね。

心中で解決。
いやいや、刺された菊池が行方知れずになってるのに、
解決も何もないだろ。

ヒガンバナに火村と有栖の二人。
今度は山猫に来宮。
ということは山猫が火村に出るってことなのかな?
何のためにこんなことしてんだろうかね。
意味がないと思うんだが。

来宮渚:堀北真希
峰岸雪乃:檀れい
長見薫子:知英
伊東凛:高梨臨
柳幸子:YOU
菊池謙人:DAIGO
河井百合子:高橋恵子
東野和也:市川知宏
黒田吾朗:木本武宏
北条光佑:平山浩行
神藤勇蔵:佐野史郎
瀬川すみれ:大地真央

トラックバック

TB*URL

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」被害者が残した声6父が殺された真相の前に立ちそこで菊池が来宮と養子縁組する予定だった事を知るのだった

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」第6話は火事現場の遺留品からある少年の写真に心当たりのある来宮はその写真から20年前に父親に殺害された記憶が甦る。そしてその少年を追って ...

ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ (第6話・2016/2/17) 感想

日本テレビ系・『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(公式) 第6話『殺人犯の息子と父殺された娘出会った2人の宿命』の感想。 炎上した家屋から意識不明の住人・夏子(酒井美紀)と、男性の焼死体が見つかった。七課長のすみれ(大地真央)は現場で倒れ込む渚(堀北真希)が発した言葉に驚く。20年前、渚の父・悟(杉浦文紀)の殺害現場で口にした言葉と同じだったのだ。すみれは渚...

ヒガンバナ~警視庁捜査七課~「殺人犯の息子と父殺された娘出会った2人の宿命」

火事の現場で遺留品の少年の写真を見たことで、いつになく激しいショックをうけて入院してしまった渚(堀北真希)。 しかも、その場にいた、すみれ(大地真央)の証言によると、20年前と同じ、「ママのところに行かせて―――!」と、つぶやいた、とのこと 一方、火災現場からはその家の住人・荒木夏子(酒井美紀)が意識不明の重体で発見され、損傷の激しい男性の焼死体も見つかり、それは、渚の父を殺した...

ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ 第6話

郊外の一軒家の物置で火災事故が発生して、家主の女性・夏子(酒井美紀)が意識不明の重体で搬送されて、焼け跡からは男性の焼死体が発見されました。 渚(堀北真希)は、現場の遺留品から、ある少年の写真を見たことで激しいフラッシュバックに襲われてしまい、すみれ(大地真央)の前で、20年前と同じ言葉を言っていました。 彼女のシンクロ能力が目覚めたのは、20年前、父親が殺害された現場を目撃した...

ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 vol.06

「殺人犯の息子と父殺された娘出会った2人の宿命」 内容身元不明の焼死体が見つかった火災現場にやってきた渚(堀北真希)は、遺留品の写真に強烈に反応。倒れ込んでしまう。20年前、父が殺された事件のショックから“能力”が始まっていた。事情を知るすみ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad