edit

フラジャイル #05

『余命1年の宣告通知 難病の青年の夢よ叶え 命を諦めない診断!!』
森井が技師になったのはお金の問題からだった。
医者になることを諦めざるを得なかった。
でも、今の仕事を気に入ってもいる。

そんな森井が改めて自分を見つめなおすきっかけになった患者さん。
30歳手前で余命1年を宣告された男性。
彼は全てを諦めていた。
あの笑顔は正直見ていてイラッとしたなぁ。

彼のことで森井は熱くなったわけですが、
岸の止め方が容赦無かったなぁ^^;
でまぁ、そんな岸の言葉で小早川さんは死にたくないと思うように。
けれど、検査は彼にとってよくない結果となった。
それでも、残りの時間を諦め何もしないでいることはやめた。
出来ることを。
その一つが夢だった作曲。
それは森井とのわずかな時間が彼に曲を作らせた。
友達になるのに時間は関係ない。
二人は本当の友達に。

そして、まだまだこれからだったわけですが。
突然の別れ。
この最期は思いもしてなかったなぁ。

幼稚園の先生だったときの子供を救って彼は亡くなった。

院内コンサートで宮崎が弾いたのは小早川さんが遺した曲。
森井は応募するって言っていた賞に代わりに応募したりしたのかね?

そんなこんなで森井は随分と明るくなりましたね。

今までで一番楽しめたけど、これ病理ってほぼほぼ関係ないよなぁ、というところですね。

岸京一郎:長瀬智也
宮崎智尋:武井咲
森井久志:野村周平
細木まどか:小雪
中熊薫:北大路欣也

トラックバック

TB*URL

フラジャイル余命1年の宣告通知難病の青年の夢よ叶え命を諦めない診断!!」

今回、スポットが当たったのは、森井久志(野村周平) 医学部に居たものの、家の斜陽事情… 特に金銭の問題で、ここ、病理診断科で働くようになった模様。 そんな彼と、余命宣告された患者の小早川洋行(安田章大)に友情が生まれ、もしかしかたら効く薬の値段が高すぎ、治療器が膨大ゆえ、諦めて緩和ケア科にきたよう しかし、森井は最後の望みの抗癌剤を諦めることができません。一方、人生、諦めか...

フラジャイル 第5話

第5話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

フラジャイル (第5話・2016/2/10) 感想

フジテレビ系・『フラジャイル』(公式) 第5話『余命1年の宣告通知難病の青年の夢よ叶え命を諦めない診断!!』の感想。 なお、 原作・草水敏、恵三朗「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」は未読。 臨床検査技師の森井(野村周平)は、腫瘍内科に入院する保育士・小早川(安田章大)と出会う。余命1年を宣告された小早川は、積極的な治療はせず、緩和ケア科に移ることを選...

フラジャイル 第5話

「余命1年の宣告通知難病の青年の夢よ叶え命を諦めない診断!!」 内容ある夜、帰ろうとしていた森井(野村周平)は、宮崎(武井咲)に声をかけ、病院を出ようとしたとき、腫瘍内科に入院する小早川洋行(安田章大)と遭遇。悲壮感も無く笑顔の小早川に違和感をおぼえ、去...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.