edit

わたしを離さないで #03

『初恋の行方は…閉ざされた未来に見た儚い夢と希望』
龍子がえらく老けてましたねぇ。
精神的なものからなんでしょうね。
で、最後に大きな爆弾を落として去っていった。
あなたたちは提供者になるだけだという真実を。

友彦に対しては最後に何か言おうとしたものの、
途中で遮られることに。
それが余計に友彦を苦しめることになる。

美和のことは心底どうでもいい。
そんな美和に従う恭子もアホらしいというかね。
その辺は現在で自分でわかってるようですけど、
どのタイミングで気付いたのかね。
散々、真実が忠告してくれてたのにねぇ。

その真実から最後に渡されたのは発信機。
神川が交換した靴を破ってたのは発信機を取り出すためだった、
ということなんですね。

次回、真実が何かしようとしてるみたいですね。
真実目線がメインの方が楽しめそうな気がするんだけど^^;

保科恭子:綾瀬はるか
土井友彦:三浦春馬
酒井美和:水川あさみ
保科恭子(幼少期):鈴木梨央
土井友彦(幼少期):中川翼
酒井美和(幼少期):瑞城さくら
真実(幼少期):エマ・バーンズ
珠世(幼少期):本間日陽和
花(幼少期):濱田ここね
広樹:小林喜日
聖人:石川樹
克枝:山野海
マダム:真飛聖
堀江龍子:伊藤歩
山崎次郎:甲本雅裕
神川恵美子:麻生祐未

トラックバック

TB*URL

わたしを離さないで 第3話

学校の生徒たちは、病気や怪我をした外の人間に身体の一部を提供する使命を背負っていました。 月日は流れて、学校を卒業する年になった恭子(綾瀬はるか)たちは、次の生活の場「コテージ」に移ることになります。 コテージへは学校から2、3人単位で行けるので、生徒たちは誰と行くか頭を悩ませます。 ある日、サッカーをする友彦(三浦春馬)の元を、差し入れを持って訪ねた恭子は、コテー...

わたしを離さないで 第3話

「初恋の行方は…閉ざされた未来に見た儚い夢と希望」 内容陽光学苑を卒業する年になった恭子(綾瀬はるか)たち。マンション、コテージへと生活の場が移り、数人での共同生活へと変わっていく。恭子は、花(大西礼芳)珠世(馬場園梓)から一緒に申し込もうと誘わ...

わたしを離さないで (第3話・2016/1/29) 感想

TBSテレビ系・金曜ドラマ『わたしを離さないで』(公式) 第3話『初恋の行方は…閉ざされた未来に見た儚い夢と希望』の感想。 なお、原作:カズオ・イシグロ「わたしを離さないで 」は未読。マーク・ロマネク監督映画「わたしを離さないで(2010)」も未見。 ‘提供者’の世話係を務める‘介護人’の珠世(馬場園梓)が、友彦(三浦春馬)の担当を外れることになった。珠...

【わたしを離さないで】第3話 感想

私にとって、あの女といることは、ただそれだけですり切れていくことだ。 奪われたものを思い出し続けることになる。 こちらがそれに触れぬようにしていても、何のつもりか嫌がらせのように突きつけてくる。 過去を。 あの女に支配され続けた、みじめな私の 過去。 わたしを離さないで  第3話     「「介護人」は「提供者」の検診や体調管理、日...

私はあなたを支配している(水川あさみ)私たちは世界に支配されている(綾瀬はるか)

「見てください・・・この牧場では自然と同じような放飼いが実現されています」 「暗い工場に押し込められた養殖ものとは違うわけですね」 「そうです・・・不健康なものを食べて健康になれると思いますか」 「やはり、健康なものを食べてこその栄養補給ですよね」 「みてください・・・この仔たちの生き生きとした表情

わたしを離さないで「初恋の行方は…閉ざされた未来に見た儚い夢と希望」

陽光学苑を卒業する年になった恭子(綾瀬はるか)たち 学園時代の幼少期から縁がある友彦(三浦春馬)と彼女は密かに想い合ってますが、 美和(水川あさみ)が割り込んできて、「私達、つきあってるの」と、半ば強引に奪い去っていきます。 でも、一緒のコテージで暮らすという3人。一体、どうなる? それにしても、「介護人」というシステムはハードでしたね。「提供者」になる前、その任務に...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.