edit

偽装の夫婦 #10 最終回

『一生の相手とわかっているのに…二人が選ぶ愛の形は』
愛の形は一つではない。
自分たちなりの形を見つけていこう、ということに。
ハグが自分たちにとっての最高の愛の伝え方。

というわけで、超治からやり直さないかと言われたヒロでしたが、
心の声を再び閉ざし始めることに。
本当は超治といたいから。

そんなヒロに超治は次の仕事としてフリースクールを作ろうと考えていることを伝えた。
そこにヒロがいてれくたら、という話にヒロの心も踊る。
けど、心の声を発することはしない。
けれど、その我慢はすぐに限界になる。
一度開いてしまった心の扉を再び閉じることはそう簡単なことではなかった。
超治と離れたくない、と。

気持ちを諦めさせるためにしおりとの結婚式を挙げようと考えていたわけですが、
ごめんなさい、ということに。
由羽が怒ることになるわけですけど、
最後は華苗さんが話を締めることに。
ここにいるみんなが由羽の家族同然なんだよ、と。

それぞれのパートナーとの別れ。
しおりの隠していた本心。
そりゃ、本当の本当に優しいだけじゃないわな。
笑顔で言うから若干怖かったねぇ。

保は酔って誤魔化して別れを告げた。

そんなこんなで始まる二人の生活ですが、
さっそくすれ違い。
それでも、離れたいという想いはヒロにはなかった。

自分たちの形を探そう、と。

幸せそうにしてるみたいでよかったんじゃないですかね。

最終回なのに周りの方が目立ってた気がしたなぁ、
という感じですかね。
もうちょっと二人を中心にしてほしかった感じがありました。

嘉門ヒロ:天海祐希
陽村超治:沢村一樹
水森しおり:内田有紀
弟子丸保:工藤阿須加
名波八重子:坂井真紀
郷田天人:佐藤二朗
原すみれ:柴本幸
須藤利一:田中要次
郷田照乃:キムラ緑子
陽村華苗:富司純子

トラックバック

TB*URL

家族のカタチ

ドラマ「偽装の夫婦」を見ました。 日テレにて 水曜10時にやってました これは面白かった 流石 遊川和彦 脚本といった感じで! まずはストーリーの面白さ、展開の意外性、キャラが立った人物たち そこに入る けっこう辛い問題・・・ ゲイ、レズ等の性問題がキーとなっ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.