edit

真田恋記/瀬田ユキノ(著) 読了

真田恋記/瀬田ユキノ(著)つまらなかった。
というのが正直なところですね。
そのせいでやたら読むのに時間がかかった。
これなら微妙だと感じた前作のほうが楽しめたと思います。

何がどうかというと、全体にという方がしっくり来るんですけどね。
とりあえず、前半が問題でしょうね。
奈津が歴史を引っかきまわしてるだけという、
読んでいて不愉快な気持ちになった。
ただの女子高生に何で何かを変えられると最初から思えるのかが謎でしたね。

終盤の牡鹿の使い方も気に食わんかったかな。

奈津の成長、というよりは、もともと持っていたものを取り戻した話ですよね。
彼女がもともと持っていたものが幸村の望みに繋がったわけだし。
その姿に奈津自身ももう一度歩き出すことが出来たわけだし。

最後に関しては好みではありましたけど、それ以外は楽しめなかったかな、と。

長々と書く気はないのでこれで終わりですね。
瀬田さんの作品はもう読まないかなぁ、あらすじでよっぽど気にならないかぎりは、
ではあるでしょうけど、とりあえず読んでみるか、って気にはならんでしょうね。

関連記事
真田恋記/瀬田ユキノ(著)


真田...

真田...
著者:瀬田ユキノ
価格:658円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad