edit

遺産争族 #06

『ムコ殿豹変!?カネは全て僕にください!!』
育生の父親はかつての父親とはまるで違っていたみたいですね。
本当に本当なのかはわからんけども。
本当であってほしいところですね。

そんな父との再会でお金への復讐をやめることを決めた。
そうやってお金のことを考えてる自分が一番お金に執着していたのだと気付いたから。
龍太郎の想いを信じて遺言を受けることを決めた。

育生は考えを変えたりしたわけですが、河村の家は姉妹でぶつかり、夫婦でぶつかり。
余貴美子さんが本当にすごいなぁ。
離婚をつきつけられた恒三はどうするのでしょうかね。

さてはて、遺言に関しては正春がどうやら嘘をついてるっぽい感じですね。
本当の遺言は何なのやら?
正春は何で嘘をついて悪役を演じる必要があったのか。

そんな中で家族がもめる姿に育生が動く、
遺言を書きなおしてほしい、と。
自分一人を悪役にして家族の繋がりを取り戻させたい、ってことなのかな?

佐藤育生:向井理
河村楓:榮倉奈々
河村龍太郎:伊東四朗
河村恒三:岸部一徳
河村陽子:余貴美子
矢幡月子:室井滋
河村凛子:板谷由夏
矢幡正春:鈴木浩介
佐藤華子:岸本加世子
吉沢貴志:渡辺いっけい
亀山まるみ:堀内敬子
金沢利子:真飛聖
南リエ:堀田茜

トラックバック

TB*URL

遺産争族 (第6話・11/26) 感想

テレビ朝日系・木曜ドラマ『遺産争族』(公式) 第6話『目的は金?生き別れの父現る!婿いびりも頂点に…遂に婿が動く!』の感想。 龍太郎(伊東四朗)の遺言の件で、落ち着かない育生(向井理)は、華子(岸本加世子)から父の肇(光石研)が突如、訪ねてきたと知らされて驚く。一方、龍太郎は育生から「遺言の内容を知った家族が、ショックを受けている」と聞き、腹を割って話し合...

遺産争族「誰も争わなくていい遺言にしてください」

龍太郎(伊東四朗)の気持ち的には、「子孫の為に美田を買わず」的に、高い理想を持った育生(向井理)が、管理して、医療の発展の為、寄付することを望んだようですが、おかげで河村家は大混乱 陽子(余貴美子)、が母親の遺産(宝石や着物」を、トランクで持ちだそうとして、姉妹で大喧嘩になったり、婿質も振り回されて、てんやわんや。 魔の悪いことに、久しぶりに育生の父親佐藤肇(光石研)が、あらわれ...

遺産争族 第6話

「ムコ殿豹変!?カネは全て僕にください!!」 内容河村家の面々の酷さを見かね、育生(向井理)は、“みんなが争わなくて良い遺言にして下さい”と龍太郎(伊東四朗)に告げる。そのことで、遺産は、全額寄付。。。すべてを育生に委任すると。信じられない遺言に...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.