edit

櫻子さんの足下には死体が埋まっている #08

『託された骨 後編』
学校から見つかった女性の遺骨。
そこから知ることになった真実。
それぞれの想い。
守られた想い。
隠さざるを得なかった想い。
知ることが出来なかった想いのために勘違いしてしまった想い。

本当のことを話すことが出来なかったがためにすれ違ってしまったわけですが、
それでも櫻子だからわかること。
先生は幸せだったはずだ、と。

櫻子は佐々木先生から技術を学んでいた。
そのきっかけが猫の骨だった。
櫻子の家にある猫の標本。
その猫といつも一緒だった猫が櫻子が持ち去った猫の骨だった。
ある日毒を盛られて二匹は亡くなった。
駆けつけた櫻子に先生はその想いを理解して標本という形にしてくれた。

持ち去って隠した理由は正太郎が生きていた頃を思い出させたから。
一緒にいさせてやりたいと思ってしまった。
そんな櫻子の気持ちに気付いていて、話をする前に磯崎から許可をもらっていた。

互いに少し避けていた感じがありましたが、すれ違わなくてよかったですね。
ただ、櫻子には隠した何かが。
一体何を調べようとしてるのかねぇ。

九条櫻子:伊藤静
館脇正太郎:榎木淳弥
鴻上百合子:今村彩夏
沢梅(ばあやさん):磯辺万沙子
内海洋貴:高橋広樹
磯崎齋:石田彰
今居陽人:柿原徹也

トラックバック

TB*URL

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第捌骨「託された骨(後編)」 感想

真実をあばく必要はあったんですかねぇ。 そっとしておけば感があるお話でした。 ま、少年の変化も描きたいのでしょう。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第8話「 託された骨(後編) 」感想

生物教師である佐々木の遺品を櫻子と共に姉『小雪』のもとへと届ける正太郎。 小雪は遺品の中に夏子が生前に出産した子供の骨がない事を残念がる。 すると、櫻子はその遺骨が春光台に埋められていると推理。 春光台を探す二人は白樺の根本に埋められた遺骨を発見。 その骨が佐々木家に遺伝的にみられる稀有な『ケルト型』の足である事から、子供の出生の秘密を知る事となる。 ...

【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】 第8話『託された骨(後編)』 キャプ付感想

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第8話『託された骨(後編)』 感想(画像付) 真実は必ずしも一つであるとは限らない。 それぞれ違う真実もある…考えさせる話でしたね。 櫻子さんのネコの死因とか、もやっと謎が残ったね。 理科室の標本の中から人骨が見つかった。 それ自体に事件性はなく、佐々木教師の知人、曾根夏子という女性のものだったと判明する。 だが、骨と共に見つ...

櫻子さんの足下には死体が埋まっている #08 「託された骨 後編」

真実は必ずしもひとつであるとは限らない。まさしく墓の中に持っていくような 話だった「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の第8話。 正太郎の高校に以前在籍していた理科教師の佐々木先生の資料を 整理していた中で私物と思われるものを身内の人に返却しようとするが 足が悪いために引き取りにこれないといわれる。 それを聞いて自分が届けると言い出す正太郎。 ケーキを持って櫻子を訪ね...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad