edit

掟上今日子の備忘録 #06

『名門女子校で美少女が殺人!?セーラー服の忘却探偵に恋の予感』
厄介の不運が繋がっての殺人未遂事件。
自殺ではなく厄介を狙った殺人だったのなぁ。

自分の趣味嗜好、内面を知られることを極度に恐れる少女の殺意。
殺意を覚え、自分が死んでもいいと思えるほどの恐怖。
隠したい趣味嗜好というのはわからんでもないんですけど、
そこまで徹底する必要はあるのかなぁ、という感じですね。

そこから人と繋がるなり、別のことへ繋がるなり、
というのはあるだろうし。
繋がる必要がないと考えていたとしても、
繋がってみたら意外と心地よく感じることだってあるだろうし。
どうなるかなんてものはわからんわけで。
まぁ、悪くなる可能性もあるけども。

自分は怒ってもいいはずだ、という厄介がしたことは
自分の恥を彼女に話すことだった。
恥とともに生きていこう、と。
それは記憶がリセットされる今日子には出来ないことだった。
その姿に今日子は素敵な人だった、と。

次回、今日子と厄介が同棲?

掟上今日子:新垣結衣
隠館厄介:岡田将生
絆井法郎:及川光博
也川塗:有岡大貴
幕間まくる:内田理央

トラックバック

TB*URL

ドラマ版掟上今日子の備忘録 第6話

ドラマ版掟上今日子の備忘録 第6話 ≪あらすじ≫ 古本屋のバイトを辞めた厄介(岡田将生)は名門女子中学校の管理作業員として働き始めた。ある日の放課後、厄介は用具室で一人の女子生徒が気を失い倒れているのを見つける。部屋にはボンベからガスが噴き出し充満していた。厄介は少女を助け出そうとするが、なぜかドアが開かず閉じ込められてしまう。どんどん酸素が薄くなる中、厄介は警報機を鳴らし、一命を取...

掟上今日子の備忘録 第6話 感想

これでいい……のか? かなり個性的なエピソード。 自殺からの殺人未遂という、落とし所は簡単だけど、キャラクターの行動は少し変わっている話でした。

素晴らしきセーラー服探偵(新垣結衣)希死念慮なんて知らない(岡田将生)恥ずかしがり屋の殺人者(浅見姫香)

恥ずかしくて消えてしまいたい気持ちと邪魔ものを消したい気持ちは背中合わせである。 テロリストたちは・・・恥ずかしさでいっぱいになり・・・見ず知らずの人を殺さずにはいられないのかもしれない。 誰かを殺したいほどの怒り・・・その恥ずかしさ・・・。 恥ずかしながら生きて行く人々の・・・堪え性の強さ・・・。

掟上今日子の備忘録 (第6話・11/14) 感想

日本テレビ系『掟上今日子の備忘録』(公式) 第6話『名門女子校で美少女が殺人!?セーラー服の忘却探偵に恋の予感』の感想。 なお、原作小説:西尾維新氏の『掟上今日子の備忘録』『掟上今日子の推薦文』は未読。 厄介(岡田将生)の新たな仕事は、私立女子中学の校舎管理作業員だ。ある日、用具室でガス自殺を図った雅歌(浅見姫香)を発見した厄介は、命懸けで救出する。とこ...

掟上今日子の備忘録「名門女子校で美少女が殺人!?セーラー服の忘却探偵に恋の予感」

今回の舞台は、名門女子中学校 厄介(岡田将生)が、管理作業員として働き始めた。ある日の放課後、ひとりの女子高生を危機から救ったのが縁で、冤罪をかけられ、今日子(新垣結衣)に事件の真相を明らかにしてほしいと依頼したのでした。 毎回、今日子、「はじめまして」と初対面の挨拶するのが、ちょっと愛しくて切ないですね。 だけど、今日子、学校で捜査をしてる内、生徒達にもみくちゃに。セーラ...

「掟上今日子の備忘録」事件は寝る前に解決します6厄介は女子中学生の聞いていなかった事を聞いたと勘違いされ殺人未遂事件に巻き込まれていた

「掟上今日子の備忘録」第6話は女子中学校の管理作業員として働き始めた厄介だったが、ある日の放課後に1人の女子生徒が気を失って倒れているところを発見したが、ボンベのガス ...

掟上今日子の備忘録 第6話

「名門女子校で美少女が殺人!?セーラー服の忘却探偵に恋の予感」 内容 古本屋をクビになった厄介(岡田将生)は、 今度は、女子中学校の校舎の管理作業員として働きはじめることに。 ある日のこと、用具室で意識を失っている生徒を見つける。 部屋はガスが充満。全ての...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad