edit

コウノドリ #05

『14歳の母 この子のため少女の決心』
中学生で妊娠。
そもそも、という部分が引っかかるからどうにもね。

そんな話の中でサクラの幼い頃へと繋がっていくことに。
自分を産んで亡くなった母。
産まれてすぐから育ててくれた乳児院の母。
ピアノを教えてくれた施設の母。
サクラは三人の母親に愛情を受けて育ったんですね。

次回は2話で産まれた赤ちゃんに何があったのかな?

鴻鳥サクラ:綾野剛
下屋加江:松岡茉優
小松留美子:吉田羊
白川領:坂口健太郎
角田真弓:清野菜名
加瀬宏:平山祐介
船越拓也:豊本明長
大澤政信:浅野和之
小野田景子:綾戸智恵
向井祥子:江口のりこ
新井恵美:山口紗弥加
四宮春樹:星野源
今橋貴之:大森南朋

トラックバック

TB*URL

犬や猫なら妊娠しても叱られないのにね(綾野剛)14才の母2015(山口まゆ)

「14才の母・愛するために生まれてきた」(2006年)はもう一昔前になろうとしているんだな。 流れて行く歳月・・・未希(志田未来)が産んだそらちゃんも九才になっているわけである。 さて・・・今回、中学生聖母を演じるのは山口まゆである。 「聖女」の主人公・肘井基子の幼少期や、「アイムホーム」で野沢すば

コウノドリ「14歳の母この子のため少女の決心」

中学生の妊娠自体は、衝撃的な分、ドラマ方面で珍しくないテーマですが、 今回は、鴻鳥(綾野剛)先生自身の過去… 3名の母親がいる事情、その懐かしい人を訪れる展開と ピアノのエピソード 少年少女の、現実に向かい合うことによって、急速に成長する姿がヨカッタです。 ショッキングでありながら、純真無垢な分、とても余韻のいい回でした。      (ストーリー) 産科と新生...

コウノドリ 第5話★14歳の母

コウノドリ 第5話 サクラ(綾野剛)は児童福祉施設の副院長・加賀美(浅茅陽子)と出会う。彼女はサクラを知っているようだが、サクラには覚えがない。そんな中、サクラは中学生・玲奈(山口まゆ)を担当することに。彼女は妊娠8カ月目だが母親になる自覚が薄く、家も貧しいため子どもを育てる余裕がない。彼女を妊娠させた中学生・亮(望月歩)の家族も、子どもを引き取る気はないようだ。サクラは特別養子縁組が可能...

コウノドリ (第5話・11/13) 感想

TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ』(公式) 第5話『14歳の母この子のため少女の決心』の感想。 なお、原作漫画:鈴ノ木ユウ氏の『コウノドリ』は未読。 サクラ(綾野剛)は児童福祉施設の副院長・加賀美(浅茅陽子)と出会う。彼女はサクラを知っているようだが、サクラには覚えがない。そんな中、サクラは中学生・玲奈(山口まゆ)を担当することに。彼女は妊娠8カ月...

コウノドリ 第5話

『14歳の妊娠、少女が母になる時 「14歳の母この子のため少女の決心」 その日、今橋(大森南朋)のもとを NPO法人ツグミの会の代表・笠原節子(烏丸せつこ)が訪れていた。 特別養子縁組をサポートをしていた。。。 そんななか大沢院長(浅野和之)から今橋、鴻...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.