edit

櫻子さんの足下には死体が埋まっている #06

『アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ』
百合子がまた関わってくる話でしたね。
友達と行くことになったお祭り。
正太郎を誘えばいいと友達に言われていたわけですが、
なかなか言い出せず結局一人で。
友達は彼氏と一緒で百合子は一人に。
そんな中で気になる人を見つけた。

そして、残されていた封筒。
中には指輪と手紙らしきものが。

死のうとしていたんじゃないかと心配する百合子。
そんな百合子を突き放すような先生。
あれはあれで先生の優しさであったのでしょうね。
ただ、大切な人を亡くし後悔した百合子は諦めたくない、と。

正太郎に連絡をとろうとしたわけですが、携帯を忘れていたらしく連絡はとれない。
でも、偶然出会うことに。
そして、櫻子は答えを導き出す。

遺骨で作られた指輪だったのな。
そして、新しい伴侶と出会ったことで別れを告げ、送り出すことを選んだ。
そういうことらしい。
誰かが死のうとしてるとかじゃなくてよかったですね。
百合子は少し納得出来ないところがあったような感じですけど。

九条櫻子:伊藤静
館脇正太郎:榎木淳弥
鴻上百合子:今村彩夏
沢梅(ばあやさん):磯辺万沙子
内海洋貴:高橋広樹
磯崎齋:石田彰
今居陽人:柿原徹也

トラックバック

TB*URL

残された指輪と手紙の意味とは? 櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第陸骨

「無駄な骨を折ったな」 申し訳程度の骨要素。 あ、ダイヤも骨か。 ヒロイン鴻上百合子をピックアップ。 視点の問題かな、少しメンヘラに見える。 石田先生……もとい磯崎先生も登場。こっちは割りといい先生でしたね。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第六骨

「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」 評価 ★★ わたし、気になります!           

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第6話「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」

第6話「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」 友人から旭川夏祭りに誘われる百合子。 正太郎を誘えばいいと促されたが、正太郎は櫻子さんの話ばかりで切り出せず・・・

【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】 第6話『アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ』 キャプ付感想

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第6話『アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ』 感想(画像付) 今回は百合子ちゃんと磯崎先生が探偵っぽい展開。 スマホを忘れただけで怒られる正太郎が不幸な(笑) 夏祭りに来た鴻上百合子は、友人とはぐれてしまう。 ふと見た橋上に、暗い表情で川面を見つめる黒衣の女がいることに気づく。 「まさか!」と自殺を疑う百合子。女はそのまま立ち去る...

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第6話「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」感想

旭川夏祭りの当日。 女友達に誘われて花火見物に来た百合子だったが、その途中ではぐれてしまう。 仕方なく一人で海上へと向かう百合子は、橋の欄干で思いつめた表情の女性を見かける。 目を放した隙に姿が見えなくなるも、ただならぬ雰囲気を感じた百合子。 すると女性が居た場所には一通の封筒が残されていた。 偶然に通りかかった生物教師の磯崎と共に開封すると、中には...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad