edit

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #06

『彼等について』
フミタンが通信オペレーターに。
大丈夫なのかね^^;
怪しすぎるのよな。
完全に信用したというわけではないと思うけど、
オルガはブリッジを彼女に任せたりもしてましたね。

クーデリアは自分の居場所を見つけたみたいですね。
子供たちに読み書きを教えることに。

地球への航路はマフィアに力を借りることになるみたいですね。
オルガが繋がりありそうな感じがしないでもないけど、
何かあるのかね?

そのオルガが前に進み続けようとする理由。
三日月の目に映る自分を常に最高のものにするために。
三日月に失望されないために進み続ける。

そして、警告音が響き渡る。

マルバからの通信。
船を返せ、とのこと。
戦いを見ていたようですけど、ずっと追いかけてきてたんですね。
一緒にいた帽子を被った人は誰なのやら?

三日月・オーガス:河西健吾
オルガ・イツカ:細谷佳正
ビスケット・グリフォン:花江夏樹
ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎
昭弘・アルトランド:内匠靖明
ノルバ・シノ:村田太志
タカキ・ウノ:天﨑滉平
ライド・マッス:田村睦心
ヤマギ・ギルマトン:斉藤壮馬
チャド・チャダーン:石谷春貴
ダンテ・モグロ:濱野大輝
クーデリア・藍那・バーンスタイン:寺崎裕香
アトラ・ミクスタ:金元寿子
マクギリス・ファリド:櫻井孝宏
ガエリオ・ボードウィン:松風雅也
アイン・ダルトン:内田雄馬
クランク・ゼント:間宮康弘

トラックバック

TB*URL

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」戦場に生きる少年たち6オルガたちは木星圏に活路を見出しクーデリアは読み書きできない少年たちの現実を知り読み書きを教え始めた

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第6話はギャランフォルンとの戦闘空域を抜けた鉄華団はこれからの進路を話し合っていたが案内役なしで地球へ向かいのは難しいという事に ...

やってみようかな/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ6話感想

 先週ほぼ戦い通しだったし、さすがに今回はバトルはお休みか。 >拍手返信:雪光さん  恥ずかしながら、オルガとマクギリス、コーラルの「前線に出る出ない」の対比は他の方の感想を見るまで気付けませんでした。ガンダムで指揮官が前線に出ちゃうのはよくあるからなーってなもんでw  昭弘とユージンは開始時はビスケットやノルバほどオルガとシンプルな関係ではなかった故に、今回の対称性は引き立っ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」

第6話「彼等について」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 『彼等について』 ≪あらすじ≫ ギャラルホルンを完全に敵に回した鉄華団。地球への案内もトドが絡んでいたことで潰えた。新たな案内役と組織の後ろ盾を模索する鉄華団において、オルガは木星圏を拠点とするマフィア系の組織「テイワズ」に目をつける。出来たばかりの、少年ばかりの鉄華団をテイワズが相手にするわけがないという周囲の忠告だが、オルガはそれで...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第6話 『彼等について』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.10.11バンダイビジュえアル (2015-12-24)売り上げランキング: 55Amazon.co.jpで詳細を見る  今週は戦闘がなく、主に三日月を初めとするキャラクターの内面を掘り下げた回になりました。  “静”のイメージが強い30分でしたが、  4...

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第6話『彼等について』 キャプ付感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話『彼等について』 感想(画像付) 地球に行く案内人のつてを失い、木星圏を拠点とするテイワズとの接触を考えるオルガ。 三日月の期待に対して行動してしまうというオルガ。 オルガを信じ任せてる三日月という関係が描かれます。 二人で一つといったコンビですが、この先も上手く切り抜けてけるのかな?  

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 彼等について 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 彼等について 感想 先週から宇宙戦が始まった。 ビーム兵器は登場しないので迫力には欠けますが、 なかなか戦闘シーンはよかったのではないかと思います。 ギャラルホルンのマクギリス・ファリド特務三佐は鉄華団を見逃す…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 『彼等について』 三日月の夢は...百姓!

俺ら地球さ行ぐだ。吉幾三の歌が聞こえてきそう。火星で畑するだ~♪。  クーデリア先生の読み書き教室。フミタンが通信士を買って出た事にショックを受けるクーデリア。役に立ってないのは私だけ。客なんだからそんな事考えなくても良いんですがね。子供達を前にして居ても立ってもいられなかったと。三日月が文盲だと知ったクーデリアが講師を申し出る。僕も僕もと子どもたちが集まる。ようやく彼女も自分の役...

アニメ感想 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」

三日月とオルガ、その仲間達について

機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ #6「彼等について」 感想

大昔のシステムが今でも通用するってどういう世界観なんでしょうねぇ。 まあ現実でも100年前の銃が意外と攻撃力あったりしますが。 戦闘シーンはありませんでしたが、話的に盛り上がりがあったかも。 フミタン・アドモスは、やはり只者ではない感じ。 以下ネタバレあり。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #6 彼等について

三日月君、文字を習い始める!

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯6「彼等について」

評価 ★★★★ その憧憬は重圧              

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.