edit

終わりのセラフ 名古屋決戦編 #17

『反逆するカチク』
標的の名前を覚えない優一郎に鳴海隊は背中を任せられないと、
作戦直前にも関わらず関係は変わらない。
そんな中でシノアが代表して謝ったりもしたわけですが、
優一郎は吸血鬼の名前は覚える必要が無い、と。
それよりも守るべき人たちの名前が大事だと。
というわけで、鳴海隊の人たちも真剣であると優一郎たちの気持ちに気付いてくれたようですね。

というわけで、作戦開始。
最初の一撃は与一と深夜。
側近の体を盾に使われて貴族を仕留めるに至らず、
優一郎たちが前へ。

この人数差でも楽にとはいかないんですね。
優一郎たちが途中任される形になったりもしたわけですが、
最期は貴族としての誇りだったのでしょうね。
人に殺されることを許さず、自らその命を絶った。

というわけで、優一郎たちの方は上手くいった。
グレンたちもまた少数ながらなんとか貴族を討ち倒した。
ボロボロなのに強がってましたね^^;

が、多くの人数を集めたところが壊滅的な状況に。
クローリーは人質をとり、グレンを呼ぶ。
罠だと知っていてもグレンは優一郎たちと合流後、クローリーのもとへと急ぐ。
ていうか、クローリーが一番力があるとかってことじゃなかったのかね?
そこに寄せ集めをぶつけてもしょうがなくね?
と思わなくもなかった。

百夜優一郎:入野自由
百夜ミカエラ:小野賢章
一瀬グレン:中村悠一
フェリド・バートリー:櫻井孝宏
柊シノア:早見沙織
早乙女与一:岡本信彦
君月士方:石川界人
三宮三葉:井口裕香
クルル・ツェペシ:悠木碧
柊暮人:前野智昭
柊深夜:鈴木達央
クローリー・ユースフォード:鈴村健一
柊真昼:遠藤綾
鳴海真琴:細谷佳正
花依小百合:種﨑敦美
雪見時雨:石川由依
五士典人:小野大輔
十条美十:嶋村侑
阿朱羅丸:山村響
ラクス・ウェルト:永塚拓馬
レーネ・シム:梅原裕一郎
チェス・ベル:古木のぞみ
ホーン・スクルド:日笠陽子
岩咲秀作:平川大輔
井上利香:石原夏織
円藤弥生:加藤英美里
鍵山太郎:星野貴紀

トラックバック

TB*URL

終わりのセラフ 名古屋決戦編 第17話「反逆するカチク」

終わりのセラフ 名古屋決戦編の第17話を見ました。 第17話 反逆するカチク 優一郎達は鳴海率いる鳴海隊と合同で貴族の一人・ルカル・ウェスカーを始末するために任務に就くことになる。 「兎に角、そのルルル・ラララとか奴、ぶっ倒せばいいってことだろ?」 「何だ、そりゃ」 「ふざけるのもいい加減にしろ。ここは敵陣だぞ、一瀬中佐に言われたことを忘れたのか?」 「え、別にふ...

終わりのセラフ 第17話 反逆するカチク

名古屋決戦始まったぁあああ

終わりのセラフ-名古屋決戦編- 第17話「反逆するカチク」

第17話「反逆するカチク」 まだ未熟ではあるがグレンが認めたシノア隊。 チームに分かれて名古屋の吸血鬼貴族殲滅作戦が決行される。 貴族同士の合流を阻止するために全チームで一斉攻撃。

終わりのセラフ #17 「反逆のカチク」

== 守るべき背中 ==  どうも、管理人です。今日の仕事帰り、赤羽駅で電車に乗り込もうとしたら突如異臭を感じて、周り見たら同じように顔をしかめる人たちと、明らかに一人だけ雰囲気が違うちょっとみすぼらしい風貌の男性…。もしかしたら、これが例の都市伝説なのかもしれない。 === 優一郎:「でも絶対に守らなきゃいけない仲間の名前なら覚えてる。シノア、君月、三葉、与一、鳴海真琴、円藤弥...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad