edit

月曜日は2限から 5巻

月曜日は2限から(5)/斉藤ゆう(著)ゲッサンにて連載中の斉藤ゆうさんの「月曜日は2限から」第5巻。

進級して後輩が出来た瑞季と居村。
そして、瑞季に捕まる後輩が二人。
というわけで、新キャラとしてふみと七津が登場。
どっちもいい子ですよねぇ。
ふみは一夜漬けでまさかの成績トップに。
元がいいのでしょうけど、すごいよな^^;
で、そんなふみが注目されると一緒にいる七津も注目されることになり、
オドオドとしてしまうことに。

しかしまぁ、瑞季は本当にあの手この手で二人を悪の道に誘ってますよね。
それは違うんじゃないかと疑っていても、知らぬ間に流されてしまうというね。
ふみの純真さにちょくちょく本人もわからなくなってるけどもw
その点、居村はなれたものですね。
翻弄されることも、一緒に悪さをすることも。

生徒会長の名前って結局なんて読むんだろう?

そんなこんなでふみのファンクラブが出来ていたり。
どのように対応したものかと迷うことに。
結局黙認する形になったのかな?
そのうち七津のファンクラブも出来るんじゃないか?

そして、夏休みへ。
ちこは風紀委員の仕事は引き継ぎへ。
というわけで、これからは近づく理由がなくなるわけですが、
そのへんでちょっとちこだと何かありそうな気がしないでもない。
まぁ、瑞季の方からいくのはいくでしょうけども。

おまけマンガはグループチャットで夏休みの計画。
結局何も決まらず会って話すことに。
瑞季はどうしたいんだよw

関連記事
月曜日は2限から 1巻
月曜日は2限から 2巻
月曜日は2限から 3巻
月曜日は2限から 4巻


月曜日は2限か...

月曜日は2限か...
著者:斉藤ゆう
価格:648円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad