edit

名探偵コナン 異次元の狙撃手

4月17日に放送されたものを見ました。

FBIの人たちや昴、世良たちも活躍することになる劇場版シリーズ第18作目。
昴の正体はこの作品が一番最初にハッキリと示されたものだったんですね。

世良がかなり活躍した作品でもありましたね。
命がけでコナンを何度も守ってましたねぇ。
服部が出ていなかったから、その分もって感じになってたのかな。

FBIの人たちが動いていたことで日本の警察はほとんど何もせずというか何も出来ずな感じに。
小五郎もベルツリーでビビって逃げ惑っていただけだったし^^;
というか、事件自体が何で日本でって感じでもある話でしたね。

そういうこともあって前作の方が好きだったかなぁ。
ただ、昴のことに触れたり、世良の活躍だったりとよかったのはよかったです。。

阿笠博士は何を作ってんだよw
ボール射出ベルトで花火って^^;

それを使ったコナンの作戦が無茶すぎるて^^;
着地どうすんのさ、と思ったけどスケボーでなんとかするとは。
引っ張りあげられてひん曲がったパイプはそのための場所になるとは思わなかったねぇ。
でも、足がってなってたのによく耐えれたなぁ。

まさかのオチに笑ったw
てっきり昴が決めることになるのかと思ったら、
蘭がかぶっていて銃を撃つことしか出来ず。
で、どうなるのかと思ったら蘭が仕留めにかかるというねw
何でそうなるんだよ^^;

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.